竣工したザ・リッツ・カールトン京都

 th_IMG_3633.jpg



ザ・リッツ・カールトン京都は、2011年1月に営業を終了した鴨川沿いのホテルフジタ京都の 跡地に建設された国際級ホテルです。「ザ・リッツ・カールトン京都」の外観や内装は、日本の伝統と現代的な欧米の様式の融合を図りながら、歴史 ある周辺環境にも調和したデザインが採り入れられています。総客室数は134室でスタンダードルー ムの平均面積は50m2と国内最高水準の広さで、設備、格式、ホスピタリティ共に国内最高水準に位置付けられる高級ホテルが京都に誕生しました。リッ ツ・カールトンの日本進出は大阪、東京、沖縄(2012年5月開業)に次ぐ4カ所目となります。













th_IMG_3594.jpg




【スペック】
名称: ザ・リッツ・カールトン京都
所在地:京都市中京区二条大橋上る鉾田町543 
階数:地上4階、地下3階 
高さ:17.4m
客室数:136室

敷地面積:5,937.28m2
建築面積:4,598.23m2
延床面積:24,629.66m2
客室数:134室
着工:2011年12月
竣工:2014年01月
開業時期:2014年02月07日開業













th_IMG_3601.jpg



ザ・リッツ・カールトン京都の客室はスタンダードルー ムでも平均面積が50m2もあり、国内最高水準の広さとを誇ります。各客室に設けられた巨大な窓からもハイグレードさが伝わってきますね。先日グランフロント大阪に開業したインターコンチネンタルホテル大阪や、セントレジス大阪なども、50m2の客室がメインラインとして用意されています。今後のスーパーラグジュアリーホテルの客室面積は50m2が基準になってくるかもしれませんね。













th_IMG_3626.jpg


客室の窓は鴨川側に向けて設けられており、京都の風情を存分に堪能する事が出来ます。














th_IMG_3608.jpg


こちらは、北西側から見た、ザ・リッツ・カールトン京都 の様子です。道路沿いに竹が植えられています。












th_IMG_3618.jpg


南東側から見た、ザ・リッツ・カールトン京都の様子です。道路に面するこの南側がメインエントランスとなっています。なんだか高級料亭の様な雰囲気ですね。














th_IMG_3623.jpg

玄関から中を見通した様子です。宿泊客以外は入りにくい雰囲気です。中には水景施設があります。










th_IMG_3596.jpg


関連記事
[ 2014/05/14 00:00 ] 近畿 京都 | TB(0) | CM(4)

お次はパークハイアット

http://www.takenaka.co.jp/news/2016/11/01/index.html

〜京都東山にて料亭とホテル事業の計画に向けて合意「パークハイアット京都」 2019年開業予定〜
[ 2016/11/05 10:35 ] [ 編集 ]

京都も最高級ホテル開業が相次いでますね

さすがは「ザ・リッツ・カールトン」という内容。鴨川沿いという京都を代表する場所に出来て、富裕層の人々から愛されるホテルになりそうな感じです。

たしかあともう一軒、こちらも世界に名だたる超高級ホテルである「フォーシーズンズ」も京都に開業予定でしたよね。楽しみです(^_^)
[ 2014/05/15 00:11 ] [ 編集 ]

声出して笑いましたw
いやはや、しかし鴨川が目の前にあるとは素晴らしい好立地ですね。
京都観光に来るハイソな方々に愛顧されそう。
[ 2014/05/14 21:59 ] [ 編集 ]

一人当たり3万8千円か。
部屋代の表示の仕方ってホテルだと室料、旅館だと人頭料で表示されるんだよね。
旅館の貴賓室がシティホテルのロイヤルスイートと比べて安いなと思ったらとんでもなかった、なんてことがよくある。
[ 2014/05/14 19:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2453-49d33dc7