日本生命本店南館の外壁が大リニューアルされ本館と統一されたテイストに!

 th_IMG_6258.jpg


日本生命本店南館は、1959年に竣工した地上9階建て、延床面積約1.6万平米の古参のオフィスビルです。2012年9月上旬より設備更新工事が行われています。









th_IMG_1870.jpg
2012年9月頃の本店南館の様子

南館はかなり以前から防護壁に囲まれていましたが、僕は「耐震化工事でもやってるのかな?」とあまり注目していませんでした・・・。












th_IMG_6252.jpg



しかし、防護壁が取り払われてビックリ!なんと外壁の大規模リニューアルが行われ、北側に建つ、日本生命保険本店本館 と同じテイストの花崗岩貼りの外観に生まれ変わっていました!









th_IMG_6255.jpg


リニューアルされた南館の壁面をアップで。以前のタイル貼りの外壁を取り外し、本館や建設中の東館と同じテイストの花崗岩の外壁に取り替えられています。最上部には以前は無かった軒蛇腹を取り付けるなど凝りに凝ったリニューアルとなっています。これは嬉しい!









th_IMG_6202.jpg



御堂筋側からグルリと回りこんで、日生南館を南東側から見てみました。裏手にあたるこちら側も一切手抜き無しでキッチと仕上げられています。本館の外壁に比べ、東館、南館の外壁は若干明るい色調になっていますが、これらは経年による色調の変化を見越している為だと思います。4〜5年すれば全館が同じような色合いになるのではないでしょうか?








th_IMG_6263.jpg


本館(写真左)、南館(写真右)、東館(写真中央奥)の3館の並びです。南館に隠れて見えませんが、南館の東側には新南館もそびえ立っています。日本生命は以前よりご紹介している東館の建設に合わせて、同社の総本山である本館と周辺のビルのデザインの統一を図っている様です。日本大規模の民間機関投資家である日本生命保険相互会社の総本山にふさわしい、伝統、重厚感を感じる街区が形成されつつあります。



@関西人さんも先日の記事で書かれていました
が、企業の東京シフトが止まらない中で、大阪の拠機能を強化している日本生命の淀屋橋界隈の開発・再整備事業からは、地元大阪に対する愛情・愛着を強く感じる事が出来、とてもうれしくなりました。
関連記事

ちょうどいいタイミングで撮影されましたね。御堂筋側の外壁仮囲いが一部外されたのは5/10頃、心斎橋筋側はGW期間中でした。本日月曜日には御堂筋側はまた一部ふさがれました。 このあたりの工事は日中より深夜の工事の方が盛んで金曜深夜から土曜にの朝のタイミングで切替が行われているみたいです。 南側の東京日動大阪も御堂筋側の仮囲いが1F以外は外れました。
[ 2014/05/19 18:13 ] [ 編集 ]

本社移転するのはどこの企業なんですか?無知ですみません・・
[ 2014/05/19 16:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2475-0c8c2156