関西国際空港のLCC向けのターミナルビル 第3ターミナルビル(T3)の建設状況 14.05

entry_img_2142.jpg


関西国際空港は、現在急シェアを急拡大させている格安航空会社(LCC)向けのターミナルビル「第3ターミナルビル(T3)」の整備を進めています。関西国際空港には10社のLCC会社が就航しており、就航都市数は12都市2014年夏期のスケジュールは153便/週で、LCCの便数シェアは20%に達しています。ちなみに関西国際空港の2014年夏期のスケジュールのピークは8月で開講以来、夏冬通して過去最高となる週919便の予定が組まれています。(旅客便は週767便、貨物便が週152便)


【過去記事】
フェデックスが関西国際空港に開設した北太平洋ハブ施設が稼働開始!
関西国際空港-第2ターミナルビル(T2)











002_2013122708510918d.jpg

現在稼働中の第2ターミナルビル(T2)は、延べ床面積約3万平米、スポット数9、年間処理能力400万人の容量ですが、LCCの急激な需要の伸びにを見ると、現在のT2の処理能力が近く限界が生じると予測される為、今後の拠点LCCの成長とアジアの需要を取り込むことをめざして第3旅客ターミナルビル(T3)の整備を決定しました。第3ターミナルビルが完成すると関西国際空港のLCC専用ターミナルビルの容量は、延べ床面積約6.3万平米、スポット数20、年間処理能力は現在の約2倍となる800万人まで増強されます。










th_IMG_6573_20140527002449049.jpg


こちらが第3ターミナルビルの建設工事の様子です・・・。すいません、工事が始まっていと勝手に思い込んでいた様で、現地はまだ更地のまでした。わざわざ関空まで、それも2期空港島まで来たのに成果ゼロとは・・



ショック!


フェデックスの北太平洋ハブ施設が撮影出来きたので良しとしよう!
と懸命に自分をなだめる自分がいました・・・













th_IMG_6582.jpg

関西国際空港の第3ターミナルビルの建設スケジュールを確認すると、駐機場・スポット等の基本施設は 2015 年度中に供用開始予定新ターミナルビル(T3)は2014年度中に詳細設計を終え、2015年度始め頃に着工、 2016 年下期に供用開始予定 となっていました。





世界第1級の国際ハブ空港の条件


1・完全24時間運用
2・オープンパラレル配置の4000m級複数滑走路
3・週1200便、就航都市数100以上のネットワーク
4・国際貨物100万t/年
5・国際線利用客数2000万人/年



過去最高となる913便/週を予定している関西国際空港。LCCを発火点とした空港の成長戦略は順調に推移しており航空旅客数も1800万人台まで回復してきました。機長不足によるピーチ欠航の影響がどの程度になるか?が心配ですが、このピンチをなんとか乗り切って、2014年冬期、もしくは2015年夏期には1000便/週の大台に乗せてほしいと思います。そして、この第3ターミナルが稼働し、それによりジェットスターなど他のキャリアの就航数が順調に伸びれば1000便/週は確実に超えるのではないでしょうか。

関連記事
[ 2014/05/28 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(8)

関空に第4ターミナル 新関空が検討

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO77949570U4A001C1LDA000/

 新関西国際空港会社は2017年度以降、関空に国内線専用の第4ターミナルを新設する検討に入った。格安航空会社(LCC)の就航が今後も増えるとみて、旅客の受け入れ準備を整える。第4と第1のターミナルと駅をつなぐ橋も造る方針だ。関空の運営権の売却先が決まり次第、具体策を話し合う。

 新関空会社の安藤圭一社長が3日、大阪市内の講演で明らかにした。

 現在、関空では国際線専用の第3ターミナルを建設しており、16年下期の営業開始を目指している。安藤社長は今後も旅客数が増えると「第3では足りず、第4が間違いなく必要になる」と指摘。用地として「第3の隣接地が既に拡張できるようになっている」と語った。

 開業の時期は「LCC(の誘致)がどんなスケジュールになるかをみて決める」と述べるにとどめた。着工は早くても第3が完成する16年下期以降になる見通しだ。発着枠の上限まで1.5~2倍の余裕があるため、LCC誘致に力を入れる考えを改めて強調した。

 ターミナル間の移動にはバスを使っているが、旅客が増えると「限界がある」。新設する橋に動く歩道を造り、駅から歩いて行けるようにする計画だ。

 新路線の開設にも意欲を示した。「2日にユナイテッド航空の幹部と会談し、関空―シカゴ線の就航を持ち掛けた」(安藤氏)。別の航空会社とも関空―デリー(インド)の就航の必要性で一致したという。「関空はアジアに近く地理的な優位性は高い」とみて、特にアジア太平洋地域の航空需要の取り込みを強化する。
[ 2014/10/04 15:00 ] [ 編集 ]

関西国際空港第2期地区第3旅客ターミナルビル

http://www.sunouchi.co.jp/news/201410/003.htm

▽チェツクイン棟S造、平屋建て、延べ床面積約4,000平方メートル
▽ターミナルビル棟S造、平屋・一部2階建て、同1万8,000平方メートル
▽搭乗コンコースS造、地上2階建て、同8,000平方メートル

15年1月着工
16年11月完成
[ 2014/10/01 19:09 ] [ 編集 ]

連続になってすみません、また間違えてましたm(_ _;)m

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140923/wec14092300200003-n1.htm です。

大変失礼しました…
[ 2014/09/25 21:01 ] [ 編集 ]

関空関連のちょっとした小ネタですが…

福島区民さんが提供されていた、「梅田1丁目1番地計画」の情報元であるmsnの23日付のニュースで、こういうものを見つけました。

~淡路島航路「千円が最適」 大阪・岬町、来年復活目指す 需要予測調査で~

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140923/wec140923002000003-n1,htm
[ 2014/09/25 20:53 ] [ 編集 ]

建設ニュースから

~【官庁】関西国際空港2期地区新旅客ターミナルビル新築工事を公告/応募書類を10月2日まで受付/新関西国際空港会社~

http://constnews.com/?p=6108
[ 2014/09/06 22:43 ] [ 編集 ]

毎日とても面白い記事をありがとうございます!
[ 2014/06/10 11:40 ] [ 編集 ]

伊丹閉鎖と関空集約は時間の問題かと思いますが、急がないとですね。

それにしても一番上の航空写真を見てもいびつな形に矮小化されていますね、関空。
本来ならば第1期と同様の長方形に整備される2期島がぽっかりと海のまんまです。
やはり官僚によって骨抜きにされているなと感じます。

写真でT2の表記のある上部、つまり今は海の部分に貨物とLCCターミナルを集約、
T1の対岸の敷地は伊丹集約後の国内線専用ターミナルとしてT1と同様もしくはそれ以上の
規模のターミナルビルを建設するべきだったのではと思いますが。

東京の官僚のつまらない関空潰しのせいで日本の国益が損なわれています。



[ 2014/06/01 10:45 ] [ 編集 ]

アジアのハブになるには伊丹を閉鎖、全て関空に集約する意外方法はないと思います。
伊丹が便利なのはそこから近い人間だけで
関空までの移動距離も世界のいくつかの空港を利用した自分の経験からいっても
遠いとは全く思いません。
[ 2014/05/28 02:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2492-a0148b11