リニューアルされた京阪くずは駅ビル

 th_IMG_7548.jpg


京阪くずは駅ビルは1971年に竣工し地上3階建ての駅ビルで、延べ床面積は4,180㎡です。今回のくずはモールの増床リニューアルオープンに伴い、くずはモールの玄関口となる「くずは駅ビル」のリニューアルが行われました。














th_IMG_7526.jpg



現地の様子です。写真左側のガラス張りビルは2012年10月に竣工した京阪くずは駅ビル南館、右側が今回リニューアルされた元々の駅ビルです。


【京阪くずは駅ビル】 
所 在 地:大阪府枚方市楠葉花園町14番1号 
営 業 開 始: 昭和46年 
延 床 面 積 :約4,180㎡ 
営 業 面 積 :約2,520㎡(リニューアル後:約2,960㎡) 
構 造 :鉄筋コンクリート造地上3階、地下1階建 
施 設 保 有: 京阪電気鉄道株式会社 
管 理 運 営 :株式会社京阪ザ・ストア 




【京阪くずは駅ビル南館】 
所 在 地 :大阪府枚方市楠葉花園町14番10号 
営 業 開 始: 平成24年10月26日(金) ※一部店舗のみ 
延 床 面 積 :約4,470㎡ 
営 業 面 積 :約2,950㎡(駐輪場部分除く) 
構 造 :鉄骨造3階建 
施 設 保 有: 京阪電気鉄道株式会社 
管 理 運 営 :株式会社京阪ザ・ストア(駐輪場除く) 











th_IMG_7667.jpg


ファザードの様子です。
当初発表されたリニューアルの完成イメージ図よりもかなり良くなっています。














th_IMG_7674.jpg


エントランス付近の様子です。本当に垢抜けてしまいました。








th_IMG_7514.jpg



入り口付近にある吹き抜け空間の様子です。まるで阪急百貨店の様な模様とフォームな照明だったのでビックリしました。












th_IMG_7515.jpg


ビルの案内図です。駅利用者のニーズに合わせて日常性の高いテナント構成になっています。












th_IMG_7522.jpg


改札口付近の様子です。このあたりも美装化されています。














th_IMG_7545.jpg


京阪グループでは、将来にわたって「選ばれる京阪沿線」であり続けるため、住み良い沿線づくりを推進しており、くずは地区はその最重点開発地区に位置づけられています。くずはモールの増床に合わせて駅ビルも見違える様に美しくなりました。京阪が樟葉地区に力を入れている事がひしひしと伝わってきました。











【おまけ】



th_IMG_7680.jpg




以前はひらがなで「けいはん」と書かれていた看板ですが、リニューアルに合わせてKEIHANの新ロゴに変更されてしまいました。






blog_import_4d08768282a12_201406071616514c9.jpg


以前の看板です。
「けいはん!」
関連記事
[ 2014/06/10 13:00 ] 大阪府下 枚方 | TB(0) | CM(1)

以前くずはモールグランドオープン前の内覧会に行ってきました。駅ビルはまだ途中でしたが、私も阪急梅田駅の様で笑っちゃいました。 京阪はバラモチーフが多かったのでてっきりバラの化粧パネルかと思ったら樟の葉っぱがモチーフでした。 KUZUHA-MALLなど今まではほとんどが竹中工務店が手掛けていましたが 駅ビルと駅構内側はオレンジ色の作業着がうろうろ。 大林組が受注してたのですね。 既存駅ビルは外壁に格子をつけただけで内側から見るとお年を召した窓枠がみえますが、建替え棟も含めSC棟側とのバランスを考えると、これぐらいの規模内容で十分だと思います。 日本最大級でも売上の無い某SC群のようにならないように 東の横綱、ラゾーナ川崎、西のKUZUHA-MALLといわれるように頑張ってほしいです。
[ 2014/06/10 18:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2523-e9187b69