うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.06

th_IMG_9056.jpg


うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」の解体工事の状況です。JR梅田貨物駅は2013年3月16日に行われたダイヤ改正で、関西本線・百済貨物ターミナル駅と東海道本線・吹田貨物ターミナル駅に機能が移転され、同年3月31日をもって廃止されました。現在は同駅跡地の再開発に向け、旧貨物駅の解体撤去工事がおこなわれています。



【過去記事】
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.03
うめきた2期区域開発に関する民間提案募集における優秀提案が決定!
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.01











th_IMG_9058.jpg


前回の撮影が2014年3月だったので約3ヶ月振りの取材です。前回と比べると地面を覆っていたアスファルトやコンクリート性床板の撤去がさらに進み、広大な更地の全貌が明らかになってきました。









th_IMG_9064.jpg


梅北2期地区の南西エリアの様子です。










th_IMG_9067.jpg


梅北2期地区の北エリアの様子です。所々が青色になっていまずが、おそらく土埃の飛散を防止する為の草(芝)の種を吹き付けているのだと思います。











 th_IMG_9069.jpg


撮影ポイントを変えて、グランフロント大阪タワーB近くの屋上庭園から見た、梅北2期エリアの様子です。











th_IMG_9072_201406121602489a6.jpg


梅北2期エリア南側の様子です。この辺りにあった建物の基礎などの地中障害物除去工事も終盤戦ですね。









th_IMG_9076.jpg


梅田スカイビル付近の様子です。青緑色の地面がちょっと不気味。しばらくすると足の長い芝が生え、この青緑色は自然消滅します。












th_IMG_9080.jpg


最後は引き気味で、梅北2期地区とグランフロント大阪との対比です。
関連記事
[ 2014/06/17 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(2)

はじめまして

数年前からこっそりROMっておりました
毎回更新を楽しみにしています
北ヤードも、こうやって解体された状態でみると、あまりごちゃごちゃとした再開発は避けてほしい
と感じますね。 
シンボリックな建物と、豊富な緑地がいいのでしょうか。

毎日更新は大変と思いますが、ほどほどにがんばってください
[ 2014/06/17 15:47 ] [ 編集 ]

北ヤード全体の面積は、汐留より少し小さい程度。
第2期は、緑や公共スペースを組み込みながら、汐留のように大型のビルがそびえ立つと良いですね。
東京は、あちこちで大型の再開発が目白押しです。大阪も空き地が出来たら早く再開発してほしな。
[ 2014/06/17 14:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2534-2ab697cf