創建当時の姿が復活したJR東京駅丸の内駅舎

th_IMG_7683_201407061605358da.jpg



JR東京駅丸の内駅舎は、巨匠辰野金吾による設計で、シンメトリーで重厚な鉄骨レンガ造りの3階建ての建物として、大正3年(1914)に竣工しました。南北の長さは東京タワーに匹敵する335mで、その堂々たる姿は、多くの人々に愛されてきました。丸の内駅舎は、マグニチュード7と言われた1923年の関東大震災でも大きな被害を受けませんでしたが、1945年の東京大空襲でシンボルだった南北のドームやその他の部分の屋根・内装を焼失しました。戦後まもなく復旧工事が行われ、1947年3月には3階建ての駅舎を2階建てとして再建されました。

竣工後90年を経過した東京駅丸の内駅舎は、建物の老朽化が進み、耐震改修工事も必要になっていました。そのため、これらの改修工事と共に焼失した部分も復原する為、2007年5月から駅舎の保存・復原工事に着手、約5年の歳月を経て2012年に工事が完成し、創建当時の姿が蘇りました。
















th_IMG_7699.jpg

【スペック】
名称:東京駅丸の内駅舎保存・復原
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1
階数:地上3階(一部4階)・地下2階
高さ:約46.1m(フィニアル含む)
構造鉄骨煉瓦造、RC造(一部S造・SRC造)
杭・基礎 杭基礎(場所打コンクリート杭)
主用途:駅施設、ホテル、ギャラリー、駐車場
総戸数:ーーー
敷地面積:約117,000m2 (うち特例敷地部分約24,600m2
建築面積:約9,800m2
延床面積:約9,800m2
建築主:JR東日本
設計者:東京駅丸の内駅舎保存・復原設計共同企業体
施工者:東京駅丸の内駅舎保存・復原工事共同企業体 (鹿島・清水・鉄建JV)
着工:2007年04月
竣工:2012年10月













th_IMG_7713.jpg


東京駅の丸の内駅舎の保存・復元工事には約500億円の費用がかかりましたが、JR東日本は建物の容積率、いわゆる「空中権」を周辺のビルに売却して調達したそうです。「空中権」とは、建物の上の使わなかった空間を他の建物に移し、売却することができる権利です。丸の内駅舎は容積率の20%ほどしか使用しておらず、JR東日本はこの「空中権」を売却することで工事費を調達し、一方、周りのビルは高層化することができました。














th_IMG_8223.jpg


それでは駅舎の中を見てゆきましょう!こちらは南ドームの内部の様子です。もっとレトロな空間を勝手にイメージしていたので少々ビックリしました。メタリックな柱とデジタルサイネージが近代的な印象です。

















th_IMG_8207.jpg


縦アングルでドーム内を見た様子です。ドームの上部はレトロな雰囲気が出ており中々いい感じです。

















th_IMG_8210.jpg



見上げた様子です。ドームの上部とて天井は創建当時の姿が復元されています。大正ロマンといった感じが出ていますね。写真にモアレ縞が出ている様に見えます、これは鳩の進入を防ぐ為に設置されているネットのせいです。
















th_IMG_8212.jpg


ドーム天井を見上げた所です。創建当時はこんな明るいポップな色合いだったんですね〜。なんだか以外な感じです。

















th_IMG_8196.jpg




続いては夜の丸の内駅舎の様です。出張時に手持ちで撮影し、ISO感度を目一杯上げたのでノイズが出まくりです。それでも雰囲気は掴めると思います。















th_IMG_8185.jpg


最後は、引き気味のアングルで見た、復元された東京駅丸の内駅舎の夜の様子です。
関連記事
[ 2014/07/08 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(2)

東京駅丸の内駅舎すばらしいですね

年始に私も東京駅丸の内駅舎を見に行ってきたのですが、夜でしたが浮かび上がるような煉瓦造りの駅舎に感動しました。ホント、立派ですね!
[ 2014/07/11 00:43 ] [ 編集 ]

金が余って仕方ない東日本の東京駅

金が余って仕方ないJR東日本の東京駅。お金かければなんでも出来る見本、こんな記事不要、、
このコメント、消したければ消してください。ついでに、ブログの題名変更してくれませんか?
マスコミみたいな、東京持ち上げ記事はいりません。お気に入り登録、また消そう。
[ 2014/07/09 00:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2578-5b40857e