ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.07

 th_IMG_1152.jpg


ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)は、茶屋町にあった同社の旧本社ビルを解体し、跡地に新しい複合オフィスビルを建設する、ビルの建替え計画です。2013年1月29日に新本社ビルの起工式が行われ、本体新築工事が着手されました。新本社ビルは阪急梅田駅の東側に隣接した約 2.2haに対する再開発計画「茶屋町地区地区計画」の旧ヤンマー本社ビル跡(A-1地区、面積約0.6ha、容積率800%)に建設されます。











th_IMG_1150.jpg



【スペック】
名称:ヤンマー新本社ビル(仮称)
所在地:大阪市北区茶屋町51-11、57-3
階数:地上12階、塔屋2階、地下2階
高さ:71.33m
構造:S造、一部SRC,RC造
杭・基礎 :ーーー
主用途:事務所、物販店舗、駐車場、その他
総戸数:ーーー
敷地面積:2,500.01m2
建築面積:1,554.59m2
延床面積:19,276.21m2
建築主:セイレイ興産
設計者:日建設計
施工者:竹中工務店
着工:2013年05月
竣工:2014年09月(予定)










th_IMG_1155.jpg


前回の取材が2014年5月だったので約2ヶ月振りの撮影です。既に最後部まで到達しています。








th_IMG_1128.jpg


南東側から見た様子です。










th_IMG_1138.jpg



最後は南西側から見た様子です。東西道路の拡幅と電地化によって、このあたりの雰囲気は相当オシャレなると思います。梅田エリアでは貴重な茶屋町付近の路面店街が少し広くなるイメージになりそうですね。






関連記事
[ 2014/07/18 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2592-d0f8b621