咲洲コスモスクエア地区複合一体開発にマレーシア不動産大手が開発提案

 th_IMG_4445.jpg

大阪市は住之江区の咲洲コスモスクエア地区の土地(約5ha)を売却するため、複合一体開発の市場性を調べる事前確認を実施し、事前確認の結果を踏まえて12月に売却に向けた公募型プロポーザル方式の実施要領を配布し、2015年3月に事業予定者を決めると発表しました。これに関連してマレーシアの大手不動産会社が、咲洲コスモスクエア地区にホテルや高級マンションなどの大規模開発を提案しているそうです。市は他の事業者の提案も募り、今年度中に売買契約をまとめたいそうです。


【出典元】→YOMIURI ONLINE>
マレーシア不動産大手がコスモスクエア開発提案


※福島区民さんから情報を頂きました。ありがとうございました!








zu1_20140715215547348.jpg



【引用元】→大阪市HP>咲洲コスモスクエア地区複合一体開発に関する事前確認について


咲洲コスモスクエア地区では、平成23年に関西イノベーション国際戦略総合特区に、平成24年には特定都市再生緊急整備地域に指定され、環境・エネルギー産業をはじめとする次世代産業等の企業集積による拠点形成をめざすとともに、国際会議、展示会、ビジネスツアーの実施等のMICE機能の強化に向けた取り組みを進めています。

また、コスモスクエア駅前では、平成16年の地区計画変更による居住機能の導入以降のマンション立地により居住者が増加しており、地区利便施設の適切な導入に向けて、平成263月に地区計画の変更を行いました。しかし、単画地ごとの開発に対して、全体として一体感のない開発となっているとの指摘も受けており、今後は複数区画での統一のとれた複合開発が望まれています。

このような状況の中、今回、民間事業者より複数区画における複合用途の開発の提案があったことを受け、大阪市(以下「本市」という。)及び株式会社大阪港トランスポートシステムが所有する咲洲コスモスクエア地区の複数区画の土地について、上記方針に沿った開発プロジェクトの市場性の有無について確認を行う「事前確認」を実施致します。
 
本件対象地は、大阪都市計画・咲洲コスモスクエア地区地区計画におけるF地区及びH地区であり、地区計画に土地利用方針等が定められています。また、都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域に指定されており、地域整備方針が定められています。これらの方針を踏まえた計画案を求めます。
 
咲洲コスモスクエア地区での複合一体開発の実施を希望される方は、この実施要領をお読みいただき、各事項をご承知のうえ、計画を提案してください。「事前確認」の結果、本市の方針に沿った開発の意向を示す事業者が複数者あった場合は、各社の計画案を踏まえ本市が分譲画地を決定したうえで公募型プロポーザル方式による公募を実施して事業予定者を決定することとし、開発の意向を示す事業者が1社の場合は、計画提案書の内容について審査を行ったうえで、当該事業者と土地売却について協議を開始することとします。












th_IMG_4391.jpg


マレーシアの事業者提案は、市営地下鉄中央線コスモスクエア駅周辺に、ホテルや高級マンション、オフィスビル、商業施設などを建設。高級感を売りにした統一感のある開発を行い、富裕層を呼び込む計画だそうです。

突如浮上した咲洲コスモスクエア地区複合一体開発。マレーシア不動産大手が開発提案を行っている事に大変驚きました。関西国際空港のLCCハブ化やUSJを中心とした大阪の観光都市としての地位向上などの追い風が吹いている事は間違いなさそうです。長年塩漬け状態が続いていきたベイエリアの埋立地が、その計画当初に想定していた様な「周辺環境」になりつつあるのかもしれませんね。

関連記事
[ 2014/07/16 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(14)

咲洲コスモスクエア地区での複合一体開発の市場性の有無について「事前確認」を再度実施します

http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/port/0000285176.html

>応募期間中に1者から提案応募がありましたが、本市と応募事業者との「対話」を行った結果、応募事業者が提案を辞退することとなりました。


辞退した応募事業者とは、以前読売で報道のあったマレーシアの大手不動産会社の提案と思われる。
残念ですね。
[ 2014/10/29 10:09 ] [ 編集 ]

【大阪】森ノ宮医療2期建設など計画策定 咲洲地区

http://www.senmonshi.com/archive/02/02B0MJHsRPK7OL.asp

咲洲コスモスクエア地区(大阪市住之江区)で今後予定される民間開発の整備計画と帰宅困難者対策などの安全確保計画が策定された。8月6日に行われた大阪コスモスクエア駅周辺地域都市再生緊急整備協議会の第1回会合で承認されたもので、整備計画では、森ノ宮医療大学2期建設事業とコスモスクエア駅前複合一体開発事業が盛り込まれた。

 森ノ宮医療大学2期建設事業は、現在地南側の敷地約8300平方㍍にキャンパスを拡張する計画で、昨年度に学校法人森ノ宮医療学園が敷地を購入済み。2016年の竣工を目指す。大学の現住所は大阪市住之江区南港北1ノ39ノ1。

 コスモスクエア駅前複合一体開発事業は、周辺の埋め立て処分地約5㌶(5区画)を対象に、土地売却による一体的な複合開発を計画。現在、事業者公募に備えた事前調査を実施中で、大阪市が9月29日までの期限で提案を受け付けている。

 処分地は大阪市と大阪港トランスポートシステムの所有。推定単価による売却総額は76億円を見込む。開発施設の着工は15年度以降になる。

 民間施設の建設と併せて、デッキやキャナル(人工運河)沿いの歩行者通路などを活用した歩行者ネットワークの整備も検討される。

 安全確保計画は、咲洲コスモスクエア地区約53㌶が都市再生緊急地域整備地域に指定されていることから、東日本大震災後の法改正を受け、ソフト面から災害時の帰宅困難者対策を定めるもの。

 帰宅困難者の退避施設には、インテックス大阪、アジア太平洋トレードセンター(ATC)、森ノ宮医療大学の既存3施設と、今後建設する予定の最先端低体温研究施設(設置主体・桂輝会)を含めた全4施設が位置付けられた。

 うち最先端低体温研究施設については、けが人の対応ができる退避施設として、飲料水の提供が可能となるような施設整備を求める。

 大阪コスモスクエア駅周辺地域都市再生緊急整備協議会は、大阪府、大阪市、国土交通省、民間事業者などで構成。今後数年のうちに同地区で大型の開発が見込まれるため、整備計画と安全確保計画を急ぎ策定した。
[ 2014/08/22 09:56 ] [ 編集 ]

>あ

disっているのではなく、事実でしょうよ。
韓国は困ると、いつもの手口で日本に「非公式な方法」なり「反日工作」なり「マスゴミ・政治工作」・・・etcなど汚い手を使ってくるから、
日本側は、ボサーっとしていないで被害に会わないように対応しなければなりません。
[ 2014/08/09 01:01 ] [ 編集 ]

韓国をdisるのはやめてあげてください
[ 2014/07/25 07:51 ] [ 編集 ]

韓国なんて経済ボロボロの状態(壊滅的)なのに、カジノなんて計画倒れで終わるでしょう。
ソウルのロッテタワービルにしても、コアの柱に亀裂が入りまくって倒壊の恐れがあると指摘されているのに、建築続行するような国ですから、見栄ばかり張っているのでしょう。
日本にタカって来ないよう、常に監視する必要がありますね。
ちなみに韓国の首都ソウルの経済力は、大阪の半分以下でしかありません。東京と比較の対象にもならないほど、ソウルの経済規模は小さい。法律も守らない韓国に投資なんて愚かすぎるとしか思えません。
[ 2014/07/22 18:48 ] [ 編集 ]

このマレーシアの件も夢洲へのIR誘致を見据えての話でしょうね。


ラスベガスに見る“カジノ”成功の条件
2つの「C」がIRビジネスには重要

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140623/267332/

(一部抜粋)
 そのMGMは、日本でのIR進出に最も熱意を見せている企業の1つである。同社のジェームズ・ミューレン会長兼CEOは、6月上旬にベラージオ内の役員室で、IR法整備が進められつつある日本への進出の意欲を語った。

 「MGMでは、大阪・関西圏と東京・大東京圏を検討対象としています。大阪なら京都や神戸との接続性の良さを込みで検討しているという意味です。既に、東京と大阪をそれぞれ対象にした別々の設計チームが作業をしています。

 MGMのリゾートは、たとえばマカオにある形態をそのまま日本に持ち込むようなクッキーの型抜き方式ではなく、あらゆるレベルで日本との協働作業で作り上げます。IR建設・運営の最高のコンソーシアムを作るために、多くの日本企業と話をしています」とミューレン会長は自社の姿勢を説明する。

 大型ホテル・リゾート業界には世界的に統一したコンセプトの施設を建設・運営する大手企業もいくつかあるが、MGMはテーマ性の異なる施設を建設・運営するのを特徴としており、日本進出に当たってはさらに日本的なものを取り入れたコンセプトの施設を作る考えだ。

 大阪のデザイン案では、府知事がIR候補地として言及している夢洲の場合、各2,500室の高層ホテル2つ、各10万平方mのMICE2つなどを、大阪の運河や大阪城のお濠をイメージした周回水路で結ぶような形になっている。

 ミューレン会長は、「われわれは関西圏と大東京圏の両方に関心を持っています。どちらに進出するつもりかという質問に答えるのは時期尚早ですが、現時点では、大阪のほうが自治体の意向がずっとはっきりしています」とも言い、大阪圏への進出計画の作業を先行させていることを示唆した。また、別の同社首脳は、大阪であれば設計後30カ月で建設を完了できると語り、進出計画がかなり詳細な部分まで既にあることを示した。
[ 2014/07/20 07:29 ] [ 編集 ]

もう大阪の価値を正当に評価するのは外資しかない。ついでに野鳥園跡地やフードコート跡地に確か海洋博物館という海に浮かぶ建物も一括して売出し再利用再開発してほしい。
公平性とか杓子定規なことをしないで、長年の更地売ればよいと思うが。
しかし、読売新聞の記事にも腹が立つ、反対がきついマンションの近くが候補地のお台場と違い、大阪の夢洲は無人島、市民の反対はわかるが、住民はいない。
本当にええ加減な記事。大阪に憎しとしか思えない。
もし国がこれだけラブコールのある大阪を外したら、国際問題間違いなし。なんせカジノ大手はソウル、プサン、東京、大阪以外はダメとはっきり言い放っている。ソウルは120ヘクタール、1兆円超のIRがすでに具体化してしつつあり、東京には広い土地がない、日本で太刀打ちできるのは大阪夢洲の150ヘクタールくらい。大阪を外したら観光でもさらに韓国に差をつけられる。外せるわけがない。
市民に対しては市議会はオール大阪で対応してほしい。

[ 2014/07/19 23:24 ] [ 編集 ]

埋立地ばっかり再開発するんじゃなく、港区や大正区とか自転車でいける範囲も再都市化してほしいな。
[ 2014/07/18 17:05 ] [ 編集 ]

京阪中之島線がコスモスクエアまで延伸する可能性はあるのかな?
その辺りはよくわからないけど、交通網の充実化があれば大阪市内の湾岸部は劇的に飛躍しそう。
ぜひとも上手くいってほしい計画だね
[ 2014/07/16 21:55 ] [ 編集 ]

5万平米の一括の開発提案は素晴らしいですね。
他の事業者を募ったとしても日本の大手不動産会社には切り売り開発はあってもこのような大規模開発に手を上げる業者は出てこないでしょう。なんせ首都圏至上主義者ばかりなので。
[ 2014/07/16 10:58 ] [ 編集 ]

良いですね
USJとカジノと合わせてベイエリアの活性化を期待したいです
[ 2014/07/16 00:06 ] [ 編集 ]

大阪は、と言うか、近畿地区全体を「観光地区」と位置付ける事が、まず先決でしょう。
もうこの先ビジネスでは、東京には太刀打ち出来ないと思うので。

そう言う思い切った舵を切る事出来れば、こう言う計画も意味をなすとは思うのですが。
[ 2014/07/15 23:58 ] [ 編集 ]

おお、これは驚いた。マレーシアですか。なかなか見る目がありますね。

ただ、外資アレルギーのマスコミが黙ってなさそう…
[ 2014/07/15 23:11 ] [ 編集 ]

これですよ、こういう開発がベイエリアには必要だと思います。
コスモスクエア駅前に分譲マンションがたったときは南港は終ったと思いましたが
日本の企業ではなくマレーシアのような富裕層に強い国の企業が開発してくれる事は本当にありがたいと思います。


[ 2014/07/15 22:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2595-fefbbbc4