独立行政法人製品評価技術基盤機構NITE(ナイト)が大阪市咲洲コスモスクエア地区に 世界最大級の大型蓄電池の試験・評価施設を整備!

 th_001_2014072421453428d.jpg


独立行政法人製品評価技術基盤機構NITE(ナイト)は、大阪市と土地の売買契約を締結し、咲洲コスモスクエア地区に世界最大級の大型蓄電池の試験・評価施設を整備すると発表しました。


現在、太陽光や風力などの再生可能エネルギーが普及しつつあり、これらによる発電量が増加が見込まれています。ただ、これらの再生可能エネルギーは発電を行う時間帯が太陽光が降り注ぐ日中や風車を回す風が吹いている時間帯に限られ、発電量が安定しないという欠点があります。今後は、これらの電力系統の安定化に役立つメガワット級の大型蓄電池の需要拡大が予想されており、国内蓄電池メーカによる輸出の増加が見込まれます。


しかし現状は国内に試験・評価施設が整備されておらず、国内蓄電池メーカーが海外展開を図るためには製品を海外の試験・評価機関に持ち込まなけれはならず、コスト、納期等への影響が懸念される状況となっています。このため、大型蓄電池の性能及び安全性に関するグローバルな試験・評価が行える施設(安全性試験設備、振動試験設備等)を整備される事になりました。咲洲コスモスクエア地区に世界最大級の大型蓄電池の試験・評価施設は、日本の国際競争力の強化に繋がる重要な施設となります。



【出典元】
NITE(ナイト)が大阪市咲洲コスモスクエア地区に世界最大級の大型蓄電池の試験・評価施設を整備(PDF)


※福島区民さん、アイラブオオサカーさんから情報を頂きました。ありがとうございました!











th_002_2014072421453112a.jpg


施設概要
計画地:大阪市住之江区南港北1丁目36番
敷地面積:約26,400㎡(約8,000坪)


建物概要
【主試験室・副試験室】
建築基準法:耐火建築物、主要構造:RC造、階数:平屋建

【管理棟兼実験棟(及び付属施設)】
建築基準法:耐火建築物、主要構造:S造、階数:4階建

※管理棟兼実験棟には、NITE がこれまで実施してきた消費生活用製品安全法等に基づく製品事故の原因究明等の業務を行う試験・評価施設をあわせて整備。












th_IMG_4805.jpg



現地の様子です。咲州運河の終点付近の敷地に大型蓄電池の試験・評価施設大型蓄電池の試験・評価施設が建設されます。同施設は2015年春の着工を目指してており、土地代を含む総事業費は約133億円となっています。
関連記事
[ 2014/07/25 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2604-25bdb7f5