MGMリゾーツ・インターナショナルが公表した日本版IR(統合型リゾート)MGM Osakaの完成予想パース

mgmosaka1.jpg
Our Vision For A Japan Integrated Resort


大阪府・市は、夢洲を軸とした大阪市内ベイエリアを候補地としてカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を行っており、東京五輪が開催される2020年までの一部開業を目指しています。大阪府・市が考えているIR(統合型リゾート)とは、全体面積の3~5%に過ぎないカジノなどのゲーミング部門が事業全体の50~80%の収益を上げ全体収益の核となることで、劇場やアリーナ、美術館、博物館、国際会議場、展示会といった採算性が不安定なエンターテインメント部門とコンベンション部門(MICE)を支える仕組みの事です。IRの代表的な成功例は、シンガポールのマリーナベイ・サンズが有名で、大阪府・市は大阪ベイエリアにマリーナ・ベイ・サンズに匹敵する巨大IRの誘致が期待されています。

【出典元】
PiDEA>MGMは大阪カジノを想定?


 















mgmosaka2.jpg
Our Vision For A Japan Integrated Resort

少し前の報道では、世界的なIR運営会社のトップが大阪詣でを行い、知事にプレゼンテーションを行っている事が伝えられていました。その中の1社、米MGMリゾーツ・インターナショナルが発表したMGM-OSAKAの完成予想パースをご紹介したいと思います。MGMが大阪夢洲に計画しているIRは、2500室の高層ホテルを2棟、2万席のアリーナ、合計20万㎡の国際会議場などを建設し年間1000万人を集客、5000億円の売上高を見込む途方も無い規模の計画で、投資額は5000億〜1兆円との試算を明らかにしています。



※福島区民さん、WABI-SABIさんから情報を頂きました。ありがとうございました!













th_004_20140909212322872.jpg
Our Vision For A Japan Integrated Resort

いやー凄い、すごすぎます。パースに描かれている高層ビルは高さ250mはあるでしょうか・・・。日本の企業には、まず無理な提案内容ですね。この5000室の巨大ホテル群に加えて、東京ビッグサイトの2倍以上となる20万㎡の国際展示場、2万人収容の巨大アリーナが計画されています。しかも、夢洲に繋がる海底トンネルには既に地下鉄用の空間が用意されており、コスモスクエア駅からすぐにでも延伸出来るインフラが整備済みなので、地下鉄中央線を延伸すれば都心部からのアクセスも問題なしです。



冷静に考えれば日本初の本格的なIRは大阪夢洲以外に考えられないと思います。夢洲の立地条件ですが、外部から隔離された広さ280ヘクタールの巨大な人工島は周辺環境の悪化も無く、鉄道系のインフラ整備も比較的容易で都心へのアクセスに優れ、近くに世界的なテーマパークや
24時間オープンの国際空港もあり、1人当たりのGDPが3万8千ドル以上を持つ都市圏人口約1700万人の巨大市場が、東京ベイエリアの約1/4の地価で手に入るとあれば、もう外資が飛びつかないわけがありませんね。












th_IMG_4619.jpg




最近の大阪は関空のLCCハブ化とUSJの躍進を受け外国人観光客が爆発的に増えています。街を歩いていても今まで感じた事がない、新しい熱気を強く感じます。そんな大阪にこのようなIR施設が整備されれば、国際集客都市としての地位は盤石なモノになり、大阪は莫大な外貨を獲得する強力な日本の経済的エンジンになります。IRについては否定的な意見も散見されますが、僕は
東京一極集中に風穴を開けるビッグプロジェクトとして、実現して欲しいと思っています。
関連記事
[ 2014/09/10 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(27)

米設計会社が引用もとですが以前IRビジネスフォーラム大阪2014でメルコクラウンが発表していた画像と同じでしたので、メルコクラウン・エンターテイメントの「シティ・オブ・ドリームズ大阪」と判断しました。

■Osaka Integrated resort, japan
Masterplan and Architecture: Concept

HETZEL DESIGN
Los Angeles, USA - 2014

http://www.hetzeldesign.com/projects/hospitality/osaka.html
[ 2014/10/20 01:06 ] [ 編集 ]

シティ・オブ・ドリームズ大阪
メルコ・クラウン・エンターテイメントによる夢洲IR構想

(全体)
http://www.hetzeldesign.com/projects/hospitality/slider/osaka-01-normal.jpg

(一部拡大)
http://www.hetzeldesign.com/images/hospitality/osaka.jpg

(夜景)
http://www.hetzeldesign.com/projects/hospitality/slider/osaka-02-normal.jpg
[ 2014/10/19 11:11 ] [ 編集 ]

大阪カジノ内定
http://www.youtube.com/watch?v=Mk0GkKrBpjM
[ 2014/10/04 00:19 ] [ 編集 ]

現時点では候補地としてはお台場、夢島、沖縄と楽観視はできない状況ですが、短期的にも長期的にも視野を持てば1600~1700万の人口を誇る京阪神大都市圏の強みと、都心に近い割りに使う用途が未定の格安で広大な土地、24時間利用可能な国際空港を所有する大阪はアジアからもアメリカからもメインゲイトになるのではないでしょうか。もうちょっと、空港の利便性をよくしたり、国内線でしか使えない伊丹空港の意義を考える時期に入っているような気がします。
[ 2014/09/24 00:14 ] [ 編集 ]

>masa様

>大阪市は夢洲の中国系のメガソーラー施設の移設し、

夢洲のメガソーラー(大阪光の森プロジェクト)は、住友商事株式会社と三井住友ファイナンス&リース株式会社による提案を採択したもので、民間事業者と共同でメガソーラーの実現に向けて取り組んでいるものです。
中国系(上海電力)のメガソーラーは咲洲コスモスクエア地区の一部で行っています。土地はリース契約のようです。
[ 2014/09/12 18:34 ] [ 編集 ]

メルコが150㏊で提案していたとは福島区民様ありがとう。IRフォーラムにはラスベガスサンズも出ていたし、更にMGMに至っては大阪に日本法人を設立した。本気である。梅北ニ期も外資系に任したいね。ついでに郵便局跡も外資に任せてくれないかと思う。
南港の空き地はマレーシアの不動産大手が進出希望しており、大阪市は一気に懸念が解消する。
解消するだけでなく、こてこて、懐古的、衰退気味、貧困の大阪のイメージから、一気に、先進的、近未来的、豊かで、成長都市大阪へとイメージチェンジする。IRができても通天閣やグリコの看板だけテレビが映しては国民はしらけるだけとなる。
大阪市は夢洲の中国系のメガソーラー施設の移設し、そこもIR用地とするくらいに徹底してほしい。あるいは目ざとい中国系企業のこと、用地を提供して資本参加等で転身を検討するかも。
[ 2014/09/11 07:08 ] [ 編集 ]

>>メルコ・クラウン・エンターテイメント
今回初めて聞く名前の会社ですが
福島区民さんが載せてるリンク先の画像には
メルコ・クラウン・エンターテイメントうめきた2期もやるつもりでいるようですね
[ 2014/09/11 00:32 ] [ 編集 ]

沸騰する大阪湾岸

夢洲にMGM、メルコクラウン、舞洲にマレーシアの大手デベロッパーによるIR開発。
ハリポタで沸くUSJもIR参入を検討、天保山にはレゴランド。
もはや大阪湾岸地域は爆進待ったなしですね。楽しみです。
[ 2014/09/10 23:16 ] [ 編集 ]

これは…いい意味で衝撃的な画像ですね。素晴らしい…
諸刃の刃かもしれませんが、あの札束の塊ともいうべき更地を有効活用できる術はもうないでしょう。企業を呼びたいなら、それこそうめきたや中之島に十分な土地があるわけですし。

おっしゃる通りです。
日本に残っている大都市近辺の土地で、カジノの本場アメリカが本気を出すのに十分な土地があるのは、実は夢洲だけです。
しかもその土地を所有する自治体の首長が積極的ときた。企業側も自治体側もここまで積極的なのはそうそうありません。

お台場や築地も、日本人の観点で見れば十分な土地なのでしょう。ですがアメリカの観点で見れば物足りないうえ、いかんせん地価が高すぎます。
なによりも決定的なのが、首長が慎重姿勢。これではどちらを選ぶかは火を見るより明らかです。

本場ラスベガスのカジノ大手の経営者がわざわざ自分から知事に会いに行き、数千億規模の投資を行い、さらにインフラ整備に必要な費用も負担しようと提案しています。
普通はインフラ関連企業でもない一企業がインフラ整備も手伝いますなんて言いません。夢洲は彼らにとってそれほどまでに魅力ある土地なんです。
彼らは本気です。
[ 2014/09/10 22:50 ] [ 編集 ]

メルコ・クラウン・エンターテイメントは夢洲の残りの土地150haで考えているようです。

http://osaka.machiblog.jp/tomoyukikawabe/wp-content/uploads/sites/274/62953ffc26c9099f8a7b6e2dc1d1176a.jpg

先日グランフロント大阪で行われた「IRビジネスフォーラム大阪」で発表された画像。

※夢洲の全体面積は390ha。その内コンテナターミナルと物流施設に140ha。メガソーラー施設(大阪光の森プロジェクト)に100ha。残りが150ha。
[ 2014/09/10 22:31 ] [ 編集 ]

東京のお台場でフジテレビが誘致している土地は10万㎡、卸市場跡が20万㎡、夢洲でMGM提案が90万㎡、ラスベガス・サンズがソウルで提案したのが120万㎡、東アジアNO1を目指すには、中国人観光客が多いソウルが立地や面積から一番とラスベガスカジノ大手各社は考えている。
東京では面積的に無理、ソウルに対抗できるのは日本では大阪・ベイエリアのみ。
IRは単独より二社、三社と競争がある方が成功の確率が高いので、企業としてはMGMより利益が高く、競争力のあるラスベガス・サンズと大阪進出に熱心なMGMの進出が一番で、夢洲と舞洲への二社進出がベストと考えている。
交通も当初は中央線の南港から夢洲への延伸のみとしても、梅田直結のUSJ、新桜島、舞洲経由の夢洲への新線も必要。夢洲はたとえMGMが進出しても、50万㎡空くので、さらなる集客施設の進出が可能。南港の空き地はIR社員の高級マンション用地となり、一気に大阪は世界的な観光ビジネス都市として飛躍する。心配は議会の対応のみ。
[ 2014/09/10 20:34 ] [ 編集 ]

米MGM:カジノの資金調達で邦銀と協議、緩和マネー活用へ

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140910-00000005-bloom_st-nb
[ 2014/09/10 19:09 ] [ 編集 ]

ヘリポートができて、せっかくの斬新デザインが台無しになりそうですね。
それにしても海外はヘリポート要らないんでしょうか?
[ 2014/09/10 15:47 ] [ 編集 ]

技術の進歩を理解出来ないのがいるようだな
[ 2014/09/10 14:50 ] [ 編集 ]

海外のプロジェクトみたいなパースで興奮しますが
最終的にグランフロントみたいな墓石が並びそう
[ 2014/09/10 10:54 ] [ 編集 ]

IRはいいんだけど埋立地に高層ビルたてるのはやめて欲しい。
震度6とか7クラスが来たら倒壊するかも知れん。
東日本大震災のとき咲洲庁舎が震度3でひび割れ起こして防災拠点にならんことがわかった。
埋立地に高層ビルは危険だ。
[ 2014/09/10 10:35 ] [ 編集 ]

大丈夫、東京にはこれだけの広大な土地と交通インフラを併せ持った場所は未来永劫出来ない
ヒント:羽田空港
だからIRに関しては大阪に造ってしまえば永久的に大阪の強力なアドバンテージであり続ける
[ 2014/09/10 09:57 ] [ 編集 ]

カジノ単体での税収増は期待できないので、これを呼び水にいかに集客できる施設が計画されるか。
そこが大阪市にとっての勝負どころになるでしょうね。
[ 2014/09/10 08:22 ] [ 編集 ]

IR誘致で大阪が一歩先を行ってるのは周知の事だと思いますが
いつも何でも一番の東京が消極的なのは何でかなあ、と考えてました。

大阪は試金石にされてるんじゃないのかなあ?と思っております。
仮に大阪のIR誘致が成功したとして、東京オリンピックとほぼ同時期か
少し前倒しくらいで大阪にはIR施設が出来るでしょうね。
そうして、大阪で当然カシノも含めたデータ収集や、デメリット等を検討して
オリンピック後の景気沈降期に、大阪で判明したデメリットを削ぎ落とした
完璧なものを東京に作ることで、東京の景気浮揚の起爆剤とするのではないかな、と。
東京の掌の上で遊ばれてるような気にもなりますが
それを見返してやれるような、素晴らしい成果を挙げられるよう頑張ってほしいです。
[ 2014/09/10 08:21 ] [ 編集 ]

カジノにはもちろん負の影響もありますが、それが軽視されてるとは思いません
むしろ報道等を見ていると負の面ばかりが強調されてるように感じます

カジノの経済効果が凄まじいものである以上に、大阪にとっては負の遺産である夢洲を観光客増加のための武器にできる意義があります
このチャンスを逃せば、次に夢洲を有効活用できる機会は何十年後になるでしょうか
[ 2014/09/10 07:01 ] [ 編集 ]

連投失礼します。
サンズは大阪でやりたいと言ってたはずですが、その後の動向が気になります。
この秋の臨時国会でIR推進法案が通る可能性が高いと予想されてますが
ただそのあとの実施法案の段階で、東京に作らないなら
法案可決しても仕方ないなという空気にならないように祈るばかりです。
[ 2014/09/10 04:47 ] [ 編集 ]

何度も書きますが、IRが来れば大阪にバラ色の未来が待っているかの風潮に、
個人的には警鐘を鳴らしたいです。
IRの光と影の光の部分だけを捉まえて、ポジティブな意見が並んで、
進むべき正しい道であると言い切れるのかが疑問なのです。
[ 2014/09/09 23:59 ] [ 編集 ]

心踊る計画

是非実現して欲しいです。
[ 2014/09/09 23:43 ] [ 編集 ]

しかし、産経の記事では東京が本命と書かれていており
いつも通りの大阪のイメーダウン作戦継続中でぶれが無いなと思いました。
しかもその内容が特定不可能などこかの関係者の憶測という本当かどうかも分からないもの
どうせ今回のこのパースのことは東京のマスコミはどこも取り上げず
それよりも 「品川の新駅のことを」 という感じでしょうね。
[ 2014/09/09 23:40 ] [ 編集 ]

こういう想像画でも
テンションあがりますねー(嬉)
[ 2014/09/09 23:32 ] [ 編集 ]

是非とも実現してほしいですね! 東京一極集中が加速する中、大阪にとっては最大のチャンス到来ではないでしょうか?
東京オリンピックはやがて閉会しますが、大阪カジノは継続して続くでしょう。おっしゃるとおり日本でこれほどのカジノが作れるのは
今、大阪夢洲しかないのかもしれませんね。外国人が爆発的に増えていることを背景に、IR誘致に加えて海遊館、USJを巻きこめば、湾岸地域に
経済の波が押し寄せ、大阪は急速に成長するかもしれませんね。
ほんと心躍るニュースですね!
[ 2014/09/09 23:28 ] [ 編集 ]

こちらの画像の方が大きいです。
https://www.pidea.jp/wp-content/uploads/2014/09/mgmosaka1.jpg
https://www.pidea.jp/wp-content/uploads/2014/09/mgmosaka2.jpg
[ 2014/09/09 22:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2693-ecfecdc4