日生球場跡に建設中の「もりのみやキューズモールBASE 」 1408

 th_IMG_3265.jpg


もりのみやキューズモールBASEは、東急不動産株森之宮にあった日本生命球場跡地に建設を進めている商業施設です。施設コンセプトは、“豊かに生きる、ココロ・カラダ特区”。カフェとキッズスペースを併設した「まちライブラリー」やトップアスリートで構成される「アスリートネットワーク」がパートナーとなるスポーツコンテンツを企画・実施されます。また、「もりのみやキューズモールBASE」は、東急不動産が展開するモール型ショッピングセンターの統一ブランド「キューズモール」の4番目の施設となります。


【出典元】
東急不動産ニュースリリース>
もりのみやキューズモールBASE 












th_IMG_3253_20140917214049aab.jpg



【スペック】
施設名称:もりのみやキューズモールBASE 
地:大阪府大阪市中央区森ノ宮中央二丁目1番2外
構造・規模:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、地上3階
数:約50店舗(予定) 
敷地面積:22,929.34㎡(約6,934坪) 
延床面積:24,985.00㎡(約7,558坪) 
通:地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線 森ノ宮駅より徒 歩約1分・JR環状線 森ノ宮駅より徒歩約3分 












th_IMG_3261.jpg


北西側から見た現地の様子です。既に鉄骨建方が始まっており建物が出来上がりつつありました。日生球場跡では、このもりのみやキューズモールBASEに隣接してスーパーのライフの建設も行われています。











th_IMG_3266.jpg


最後は北東側から見た、現地の様子です。もりのみやキューズモールBASE は2015年春のオープンを予定しています。
関連記事
[ 2014/09/18 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(9)

空中ランニングトラック

日生球場跡に〝空中〟ランニングトラック 来春オープン

http://www.sankei.com/west/news/141007/wst1410070041-n1.html

 東急不動産は7日、日本生命球場跡地(大阪市中央区)で来年春に開業予定の大型商業施設「もりのみやキューズモールBASE(ベース)」の屋上部分に陸上競技用のトラックを設けると発表した。こうした施設は全国で初めてという。東急不動産は「大阪城公園で走るランナーらに拠点として活用してほしい」と話している。

 商業施設は複数の建物で構成。屋上部分をつなぎ、人工芝を敷き詰めた1周300メートルの「エアトラック」を設置する。元陸上五輪代表の朝原宣治さんが監修し、竹中工務店と共同開発した。

 日生球場はかつてプロ野球・近鉄バファローズ(現オリックス)のホームグラウンドでアマチュア野球の公式戦も行われたが、平成9年末に閉場。来春以降は、市民ランナーのために生まれ変わることになる。商業施設の開業時間は無料開放し、散歩での利用も可能という。

 商業施設は、スポーツクラブ「東急スポーツオアシス」を核テナントに衣料・飲食など約50店が入居。市民ランナーが着替えなどで利用できる「ランニングステーション」をはじめ、フットサルコート、壁登りを楽しめるクライミングジムなど、スポーツ関連施設を充実させる。
[ 2014/10/07 16:38 ] [ 編集 ]

確かに少しがっかり

東急のキューズモールということで期待していたのですが、どこにでもあるような施設になりそうですね。
特にスーパーのライフは、近隣に何店舗もあるので、いまさらいらないというのが正直な気持ちです。
(ライフはスーパーとして素晴らしい店だと思いますが)

環状線と地下鉄の交わる森之宮という地は、広域からの集客も期待できるポテンシャルがありそうなのに、
このような施設では近隣住民が買いものするだけの施設で終わってしまい、
森之宮の商業地としての魅力向上にはつながらない感じがします。
[ 2014/09/28 22:50 ] [ 編集 ]

モールよりも昔ながらの商店街が好きなんで
大阪市内をこれ以上大手に荒らされたくないと個人的な感想です。
ショッピングモールだとただ買い物するだけの場所になって味気ない。
[ 2014/09/25 20:22 ] [ 編集 ]

広大な土地の再開発に期待していたのですが、
すごーーーーーくショボい再開発になりましたね。残念。
[ 2014/09/22 17:27 ] [ 編集 ]

個人的には、ここに新「大阪府立大学」に来て欲しかったですね。
とにかく、大阪市内に大学が少な過ぎます。
[ 2014/09/18 23:40 ] [ 編集 ]

今までの大型店では食品は食品スーパーに負け、衣料は専門店に負けで、出店は無理となったので、モールの出店となった。森之宮のような環状線内はこれまでモールが周辺にないぶん、成功の確率は高い。但しパイが増えるのではなく、取り合いとなるだけ。
阪急梅田店のように市外、府外から集客できるなら、大阪経済に貢献するが、モールでは周辺のお客様は喜ぶが、中小商店や地元の市場・スーパーは客を取られ、その分がモールに流れるだけ。
但し、モールがあれば、住宅地として価値が上がるというメリットはあるがそれも市内各地との比較の問題。
こういった土地は学校用地とするとか他に活用ができなかったのかといつも思う。
[ 2014/09/18 23:14 ] [ 編集 ]

大阪環状線内はこれからも人口が増えると予想されていますから需要はあるのでは
[ 2014/09/18 15:23 ] [ 編集 ]

最初の頃は物珍しさもあったけど、飽和状態の今じゃモールというだけじゃ集客できませんよ。
[ 2014/09/18 11:01 ] [ 編集 ]

大阪にモールが出来るのを嫌う人がたくさんいますが
いままでは、ダイエー、ジャスコ、ヨーカ堂などのスーパーが
モールという新しい形に変化しただけじゃないでしょうか。
普通のスーパーに行っても何も嬉しくはないが
モールに行けば楽しいんじゃないかという期待を持たせるのと、
スーパー系のプライベートブランドやどこの製品か分からないような衣料品よりも
ユニクロや無印のような専門店が集まってる方が
消費者にウケが良いというのも有ると思います。
[ 2014/09/18 01:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2705-d00d5df5