千日前線で設置工事が進む可動式ホーム柵がドンドン西側に進行。日本橋駅でも共用が始まる

th_IMG_5093.jpg


大阪市交通局は2014年2月13日、野田阪神~南巽間の13.1kmを結ぶ地下鉄千日前線の全駅に可動式ホーム柵を設置すると発表し、設置工事は南巽駅から始まり、2014年3月15日の同駅の終電後から工事に着手、4月中に共用開始する予定です。その後はは南巽駅駅から西側に向かって順番に行われ、2015年2月までに千日前線の全駅に設置する計画です。




【出典元】

→大阪市交通局HP>千日前線に可動式ホーム柵を設置します ~さらなる安全をめざします~















th_IMG_5081.jpg



南巽駅から始まった可動式ホーム柵の設置工事ですが、その後都心に向かって徐々に工事が進んでいました。久々に千日前線から堺筋線に乗り換えるために日本橋駅に降りてみると、ホーム柵が供用されており驚きました!














th_IMG_5088.jpg


ホーム柵の様子です。他の駅と同じタイプですね。















th_IMG_5085.jpg



可動部を正面から見たアングルです。扉の大部分がシースルーになっているので、ホーム上の圧迫感が幾分緩和されています。















th_IMG_5097.jpg


電車が到着しました。千日前線は利用客が少ないイメージですが、電車が4両編成と短い為、都心部は常に混雑しています。















th_IMG_5073.jpg


順調に進む千日前線の可動式ホーム柵。ここまでくると、次のホーム柵設置路線が何処になるか?が気になります。何となくですが、相互乗り入れが無く路線長が短い四つ橋線が対象になりそうな気がしますが、どうなるのでしょうか。
関連記事
[ 2014/10/05 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(3)

当初の予定より順調に進んでおり年内に終わるような感じ
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/barriar_free_top/barriar_free_info/platform__screen_doors.html
[ 2014/10/05 04:08 ] [ 編集 ]

これが全駅に設置完了すれば…

大阪の地下鉄では、第三軌条路線で初となりますね。おっしゃるようにこれに続くのは、四つ橋線での設置に取り掛かる可能性が高いのではないかと私も思います。
利用客の安全対策のためにも早急に取り組んでいただきたいものです。

[ 2014/10/05 00:36 ] [ 編集 ]

こちらに書かせていただきますが、南海会館はスイスホテルの入口が閉鎖されました。これで解体準備完了ですかね。
南海難波駅のエスカレータ上空に足場ができていましたが、撤去されつつあります。
解体の防護用だと思っていたんですが違ったようで、スイスホテル入口の移転先からエレベータで上がった先の通路を作るためだったようです。
[ 2014/10/05 00:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2738-ae7c78f9