ホテルコムズ大阪が入居していた旧三井生命ビルディング解体工事の状況 14.10

th_P1140964.jpg


御堂筋線
中津駅の直上にある「三井生命ビルディング」の解体工事が始まりました。三井生命ビルディングには、オフィスや同じ三井系のビジネスホテル「ホテルコムズ大阪」が入居していましたが、ホテルコムズは2013年3月末で閉館しました。三井生命ビルディングの敷地面積は約2500平米で、2013年2月28日に住宅リフォーム事業などを手がけるサンキョウホームが土地を取得しています。















th_P1140963.jpg


現地の様子です。既にビル全体が防護パネルに覆われており本格的な解体工事が始まっていました。





















th_P1140988.jpg


旧三井生命ビルディングの解体工事は、2015年夏までに完了する予定となっています。

















th_P1140974.jpg



 現場周辺をグルリと一周してみましたが、解体工事の音が延々と鳴り響いていました。












th_P1140968.jpg



解体工事が進む、旧三井生命ビルディング。跡地の再開発計画はまだ不明なままですが、その抜群の立地からタワーマンションが建設される可能性が高いと思います。
関連記事
[ 2014/10/18 00:01 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

防護壁にすっぽり覆われましたね

ついに本格的な解体が始まったわけですが、跡地に建設される予定とのマンションは如何ほどの規模になるのでしょうか?気になるところです。

道路を隔てて、向かいにはザ・セントラルマークタワーがほぼ出来上がり、さらには隣接地のラマダホテル跡地も高層マンションの噂がありますし、中津エリアの高層化が加速しそうな予感がしています。
[ 2014/10/18 01:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2766-700a7e8d