レクサス初のコンパクト・クロスオーバーSUV「NX」

th_IMG_6350.jpg


レクサス NXは、2013年のフランクフルト・モーターショーと東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「レクサス LF-NX」の市販モデルとなる、レクサス初の コンパクト・クロスオーバーSUVです。コンセプトは「Premium Urban Sports Gear」。「高性能とクールなデザインが融合した"Sports Gear"として、都市ユースにも 合った環境時代のSUVを提案」しています。














th_IMG_6339.jpg


グレードはハイブリッドモデルのNX300h、レクサス初となるターボモデルのNX200t2つが用意され、それぞれFFまたはAWD、バーションは標準仕様、「I Package」「Version L」「F SPORT」の4種が用意さています。















th_IMG_6317_20141026170903aaf.jpg

北米でのレクサスの躍進の原動力となったのがRXです。初めての高級『クロスオーバー』車、プレミアムSUV車というジャンルを切り開いた立役者で、北米でのレクサスブランドを比類ない存在に高める事に成功しました。そして、RXの弟分と言えるNXが満を持して登場しました。













th_IMG_6326.jpg



フロントマスクの様子です。レクサスブランドを体現するスピンドルグリルは、先日ご紹介したRCと共に、非常にしっくりとハマっています。













th_IMG_6342.jpg



ヘッドライト付近の様子です。L字型のポジションランプとヘッドライト内部に埋め込まれた3つのライトが独特の雰囲気を醸し出しています。













th_IMG_6348.jpg


リアの様子です。非常に端正で上品な印象です。











th_IMG_6356.jpg



インテリアの様子です。マテリアルの質感は相当高く、仕立ての良さがひしひしと伝わってきました。









th_IMG_6358_2014102617090261b.jpg


センターコンソールのデザインが相当凝っています。今までのレクサス車のインテリアデザインとは一線を画する思い切ったデザインに仕上がっています。










th_IMG_6345_2014102617084384a.jpg


NXのインテリアは、退屈だった旧世代のレクサス車とはまるで別物に仕上がっており、少し色気が出てきた感じがします。










th_IMG_6324_2014102617084158a.jpg


コンパクト・クロスオーバーSUV「NX」。上位モデルのRXは日本では大きすぎるので、手頃なサイズ感で高級感のあるNXは、おそらくバカ売れすると思います。

関連記事
[ 2014/10/28 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(1)

F SPORTはいいのですが通常モデルのグリルがどうもしっくりきませんでした。
レクサス全車メッシュのスピンドルグリルにすればいいのにと感じました。
[ 2014/10/28 03:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2793-47e92637