(仮称)清和梅田ビル 14.10

th_IMG_8365.jpg




(仮称)清和梅田ビルは、曽根崎2丁目にある「旭屋書店本店」と、隣接する「梅田第一ビルディング」を地上21階、塔屋1階、地下2階、高さ106.15mの超高層ビルに建て替える再開発計画です。また、(仮称)清和梅田ビルに、ビル埋込み型としては世界で初めて機械式立体駐輪場(サイクルツリー)が設置されます。












th_IMG_8369.jpg



【スペック】

名称:(仮称)清和梅田計画
所在地:大阪市北区曽根崎二丁目127
階数:地上21階、塔屋1階、地下2
高さ:106.15m
構造:鉄骨造(柱CFT)、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :杭基礎
主用途:事務所、店舗
総戸数:−−−
敷地面積:1,941.27
建築面積:1,155.06
延床面積:23,791.29
建築主:清和綜合建物
設計者:清水建設
施工者:清水建設
着工:201207
竣工:201503月(予定)











th_IMG_8348.jpg



正面から見た様子です。タワークレーンは既に姿を消し、外観はほぼ完成状態になりました。











th_IMG_8340.jpg



最後は大阪富国生命ビル と(仮称)清和梅田ビルの並びです。
関連記事
[ 2014/11/08 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

完成予想図と同じくシンプルな感じに仕上がりましたね。
個人的に再び旭屋書店さんが入ってくれるのが嬉しいです。
これに阪神の新ビルが加わったら、この周辺の谷間感が凄いことになりそうですね。
[ 2014/11/08 13:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2801-d402a328