ラブロ片町跡の再開発「片町A地区市街地再開発」の状況 15.01

th_IMG_2145.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました


片町A地区市街地再開発
は、金沢市の古くからの商業地である片町にあった商業ビル「ラブロ片町」を建て替える市街地再開発計画です。施行面積はラブロ( 敷地面積約3300㎡)と周辺ビル約10棟、道路部分を含め約6000㎡の規模となります。

新設される商業施設は1~3階が商業床で4~5階にはブライダル施設が入居し、全て賃貸床となります。5階の一部には、施設を管理する業務エリアを設け、1階には公共空間と してバスを待つ客が利用できる広場が設置されます。建築面積は4200平方メートル、延べ 床面積は1万4千平方メートルで、総工費は50億円前後を想定しています。



【過去記事】
ラブロ片町跡の再開発「片町A地区市街地再開発」の状況 14.10












th_IMG_2128.jpg



片町ラブロは地元百貨店の大和の本店があった所で
19869月に香林坊アトリオに大和の店舗機能を移転後、専門店を中心とする「ラブロ片町」として開業しました。そんなラブロ片町ですが、近年は建物の老朽化に加え、金沢駅前にフォーラス金沢が開業し、主要なテナントが続々と流出し苦戦を強いられていたそうです。












th_IMG_2140.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2014年10月頃だったので、約3ヶ月振りの取材です。この写真の撮影地は旧ラブロのアーケードがありましたが、現在はご覧のとおりに撤去され、既存ビルが無くなった事と合わせて、随分と広々とした印象です。繁華街特有の密集した感じがなく、ちょっと寂しい気もします。












th_IMG_2134.jpg


仮囲いの透明箇所から見た、現地の様子です。敷地南側にはタワークレーンが出現していました!ただ、
敷地の北側半分では、まだ地中障害物の撤去工事が行われており、不思議な感じのする工事現場に見えました。













th_IMG_2156.jpg


百万石通り越しに見た、タワークレーンの様子です。鉄骨建方も始まっていました。













th_IMG_2164_20150112220311765.jpg


2016年の完成を目指して工事が進む
「片町A地区市街地再開発」。片町地区の再生を担うことなる新商業施設には、どんなテナントが入るのでしょうか?


関連記事
[ 2015/01/13 00:00 ] 北陸・甲信越 金沢 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2924-2d0dbff0