阪神電車が阪神梅田駅の改良工事を発表!ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を実施!

th_001_20150212224828a0e.jpg


阪神電気鉄道は2015年2月12日に発表したニュースリリースで、来月3月3日から、阪神梅田駅の改良工事に着手すると発表しました。
阪神電鉄と阪急電鉄は、大阪神ビルディング(阪神百貨店梅田本店)の建替工事などを含む「梅田1丁目1番地計画」のプロジェクトを進めており、阪神梅田駅北側の地下1階では、東西地下道の拡幅整備に着手しています。これを受けて阪神梅田駅でも大規模な改良工事が行われる事になり、駅の空間を拡大してホームの幅を広げるほか、可動式ホーム柵(ホームドア)などが整備される事になりました。


【出典元】
阪神電鉄ニュースリリース>梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します
















th_002_20150212224827b9e.jpg

(1)駅空間の拡大及びホームの拡幅・延伸

・駅空間の拡大 現在の駅空間を北側(1番線ホーム側)に拡大させます。 具体的には、駅北側に、上下2層の地下構造物を構築し、下層部を駅施設として整備し、 駅空間を拡大します。 (注)上層部は、東西地下道の拡幅部分となります。 

・ 配線変更及びホームの拡幅 ①の駅施設の拡幅部に新たに線路を敷設するとともに、3番線を廃止してホーム2面を 拡幅します。 

・ 4番線ホームの延伸(6両編成対応) 4番線を東に延伸し、同線を6両編成の車両に対応できるようにします。 

(2)可動式ホーム柵の設置 ホームに、可動式ホーム柵を設置します。 

(3)昇降設備の整備(バリアフリー化) 西改札口側にエレベーター及びエスカレーターを新設します。 

(4)その他 東・西両改札口の駅務室等の配置変更を行うとともに、駅施設の美装化を行います。  工期 2015年3月3日~2022年度末(予定)
















th_003_20150212224825fa3.jpg


今回の改良工事では駅の北側に上下2層の地下構造物を新たに構築し、上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間が拡大されます。これにより駅構内の線路配線も変更され、拡大した部分に線路を新たに敷設する一方、現在の3番線が廃止されます。線路の数は現在と同じで4線ですが、ホームの数は今より1面減り、4面4線となり、その代わりにホーム幅が大幅にひろげられます。また、4番線ホーム、6両編成列車の停車に対応できるように延伸されます。

この他にも可動式ホーム柵(ホームドア)を整備。西改札口側にはエレベーターとエスカレーターを新設し、バリアフリー化が図られます。工期は2015年3月3日から2022年度末までを予定しています。

関連記事
[ 2015/02/13 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(4)

阪神も新型車両を導入します!形式名は5700系

http://rail.hanshin.co.jp
(本日3月30日付けニュースリリースから)

~人と地球へのやさしさを追求した新型普通用車両5700系を導入します~普通用車両で20年振りの新型を今夏から導入~
[ 2015/03/30 15:12 ] [ 編集 ]

ホームの形状とかの変更はあるものの阪神百貨店建替えの計画縦覧の所に昔から載っています。 
西側のエスカレーターが復活はうれしいですが東側の拡張もお願いしたいものです。
旧0番線計画で1線ふやすより三宮形式のほうが良いです。 
[ 2015/02/13 13:36 ] [ 編集 ]

阪神より下に通そうとすると今度は東西線とぶつかるので東西線よりさらに深くしないとダメです
そこまで西梅田を不便にしてまで延伸する価値があると思えず事実上延伸はなくなったも同然でしょう
[ 2015/02/13 04:47 ] [ 編集 ]

この工事が確定ってことは四つ橋線延伸計画はさらに遠のいたっぽい?
てっきり駅ビル工事と同時に大深度地下掘って駅移して更に拡張性持たせると思ってましたw
[ 2015/02/13 01:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2993-cbfe7850