JR西日本の新たな豪華寝台列車の名称はTWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)に決定!

 th_001_2015021922352026d.jpg


【出典元】→http://twilightexpress-mizukaze.jp/



JR西日本は中期経営計画2017の中で、トワイライトエクスプレスに変わる「新たな豪華寝台列車」を登場させると発表していましたが、本日(2015年2月19日)のニュースリリースで、豪華寝台列車の名称は


TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)



に決定したと発表しました。列車のコンセプトは「美しい日本をホテルが走る 上質さの中に懐かしさを」、デザインテーマは「上質さの中の懐かしさ」
列車名「瑞風」の由来は、美しい瑞穂の国を風のように駆け抜ける列車。瑞風とは、みずみずしい風のことであり、また、吉兆をあらわすめでたい風という意味をあわせ持っています。

【出典元】
JR西日本プレスリリース>新たな寝台列車の導入について



【過去記事】
JR西日本の豪華寝台列車のデザインは「ザク」風!1両1室バスタブ付きの超豪華仕様で駆動方式はハイブリッド!










th_1両1室



以前の記事でもお伝えしましたが、瑞風の客室はすごいです。列車に1つしかない最上級の客室は11室の広大な客室は、リビングと寝室を分けたスイートタイプ。プライベートバルコニーバスタブ付きの本格的なバスルームを設けた世界中にも希少な客室となっています。












th_客室1両3室1




TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)は客室車6両と、パブリックスペースである食堂車1両・ラウンジカー1両・展望スペース付き先頭車2両(編成の両端)から成る10両編成で、2クラスの客室(1両あたり1室と3室)を設け、定員は30名程度となります。また、駆動方式はハイブリッド方式(ディーゼル発電機にて発電した電力とバッテリーアシストによるモータ駆動)で非電化区間も走行可能な仕様となっています。2017年春から運行を開始を予定しており、世界遺産などの歴史・文化が豊かな地域を巡り、京阪神と山陰・山陽エリアをクルージングする事になります。


豪華クルージングトレインはJR九州の「ななつ星」が人気を博していますが、JR西日本のこの豪華寝台列車もそれに続く人気商品になりそうです。1両1室の最上級客室は1クルージング100万円位になるのではないでしょうか?TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)は、2017年からの運行を予定しています。

関連記事
[ 2015/02/20 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(2)

すみません、間違えました・・・

正しくはこちらです、失礼しましたm(_ _;)m
http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/09/page_7645.html
[ 2015/09/16 18:35 ] [ 編集 ]

デザインの詳細発表

http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/09_7645.html

☆TWILIGHT EXPRESS 瑞風の車内デザインについて [2015年9月16日]
[ 2015/09/16 18:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3005-9f13a2dc