南海電鉄が新中期経営計画「深展133計画」を発表、新南海会館ビルは延床約7.57万平米で総事業費は400億円、今年9月に本体工事に着手!

th_002_2015030222555038f.jpg



南海電気鉄道株式会社は2015年2月6日のニュースリリースで、新中期経営計画「深展133計画」(2015年度~2017年度)を発表しました。基本方針(最重点項目)は 1.泉北関連事業の強化 2.関空・インバウンド事業の拡大 3.なんばエリアの求心力向上となっており、南海ターミナルビル再生の集大成である新南海会館ビル(仮称)についての記述がありました。また、建通新聞大阪版によると、新南海会館の本体工事は9月に着工されるようです。前回の新中期経営計画「凜進130計画が発表された時は、「まだまだ着工は先だ・・」と思っていましたが、気が付くと本体着工まで半年と少しとなりました。






※アイラブオオサカーさんから情報を頂きました、ありがとうございました!


【出典元】
南海電鉄グループ 新中期経営計画「深展133計画」について









th_001_20150302225549988.jpg



新南海会館ビル
は、老朽化した現南海会館ビルを建替える再開発計画です。南海会館ビルの建て替えにあたり、難波再開発計画の南端に新しいオフィスビル(
NCプロジェクト オフィス棟新築工事)を建設し、本社機能を移転、その後現南海会館ビルを解体、新ビルを建設する玉突き方式での建替えとなります。南海会館ビルの建て替えは2011年2月に南海電鉄が発表した新中期経営計画「凜進130計画で明らかになりました。

新南海会館ビルの低層部には商業・金融サービス施設が、高層部には多様な機能展開に対応するオフィスが設けられます。また、中層部および低層部には、なんばエリアのMICE(会議・展示)機能を強化するホール・カンファレンス、先進医療の中継機能と健診機能を組み合わせたメディカルセンター、さらには、関西国際空港利用者を中心とした国内外観光客向けに多様なサービスを提供するツーリストサロンの導入を図る予定です。 



【スペック】
名称:新南海会館ビル
階数:地上30階、地下2階
高さ:約154m 
主用途:オフィス、商業、サービス、他
延床面積:約75,700㎡
総事業費:約400億円
着工:2015年09月 ※
設備移設等の関連工事は2011年7月より着手済み 
竣工:2018年度(予定)



①事業の意義
・南海ターミナルビル再生の集大成
・なんばエリアにおけるポテンシャルの向上と新たな価値創造

②ビジネスセンター機能の整備
・なんばターミナルに直結する利便性を活かし、企業の多様なニーズに対応するビジネス拠点として整備
・企業のBCPニーズに答える最高水準の機能を提供
・フレキシビリティの高いオフィススペック

③多様なサービス施設の整備
・インバンド対応機能の充実
・利便性並びに集客力の向上
・ホール、カンファレンス、メディカルセンター、金融サービス、商業他

関連記事
[ 2015/03/03 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3020-7fef8426