関西国際空港の2015年国際線夏期スケジュールは過去最高となる週1,029便!前年比113便の大幅増加で初の週1,000便超えを記録

th_001_20150324222303c94.jpg


新関西国際空港会社は2015年3月24日発表のニュースリリースで、関西国際空港における「2015 年国際線夏期スケジュール」が明らかになりました。
(2015 年 3 月 29 日から 2015 年 10 月 24 日)これによると、2015年夏期スケジュールのピークは7月で、週1,029便(夏・冬通して過去最高) となり、昨年夏期実績の916便に比べ113便増加し、開港来初めて週1,000便を超える計画になりました。内訳は旅客便が週882便(夏・冬通して過去最高)、 貨物便が週147便(夏スケジュールとして過去3番目)となっています。


【出典元】
新関西国際空港株式会社>
関西国際空港の国際定期便運航計画について 2015 年夏期スケジュール)(PDF)








th_002_20150324222301dc3.jpg


今回発表されたスケジュールを見ると、関空のハブ化 公表した「春秋航空」が新たに鄭州、成都、泉州、西安線に各々週3~4便が就航し、合計週 42便の規模まで拡大。また、厦門航空が6年ぶりに厦門線を週3便で運航するほか、マカ オ航空のマカオ線が週3便増便し、デイリー運航となります。関西国際空港におけるLCCの便数シェアは26.8%まで増加しました。












th_P1160755.jpg
※御堂筋線梅田駅構内の広告を撮影しました


今回のスケジュールで特筆すべきは北米路線。つい先日の3月 20日から「日本航空」がロサンゼルス線を再就航させた他「エア・カナダ」によるバンク ーバー線が5月より週5便で計画されるなど、北米路線の復活が注目されます。


急成長が続く 関空の原動力となっているLCCの動向については、「春秋航空」以外にも2月28日から国際線の就航を開始した「ジェットスター・ジャパン」をはじめ、「ジンエアー」、「ティー ウェイ航空」の新規就航等によって、関西国際空港に就航するLCCは14社、就航都市は 21都市となっており、また、FSCにおいても過去最高の週646便の運航計画となりました。関西国際空港は、1,029便/週(147.0便/日)航空会社71社が24カ国、74都市を結ぶまでに拡大しています。


関連記事
[ 2015/03/25 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(2)

対ロシア&イラン便の充実も必要だと思います。

メジャーな北米や東南アジアだけでなくロシアのウラジオストックやモスクワ便、イランのテヘラン便などがあれば良いと思います。
ラジオスプートニクで対ロシア便が期間限定で運行されるので、これが定期便として増えると良いと思います。
[ 2015/04/06 00:09 ] [ 編集 ]

第3ターミナル用に線引いてるとかいうツイート見たけどホントかな
[ 2015/03/25 23:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3044-bb06f458