日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況15.04

th_001_20150224224943249.jpg 



ザ・パークハウス中之島タワーは、大阪市北区中之島6丁目のグランキューブ大阪の西隣で建設されている、地上55階、高さ約193m、総戸数894戸の大規模タワーマンションです。現在建設中のタワーマンションとしては、西日本最大級、免振構造を採用したタワーマンションとしては日本最高階数となるビッグプロジェクトです。外観デザインのコンセプトは、「アクア・プリズム」。中之島のアクアライン(水面)が重なり、空に向かって積み上げられた「ガラスの箱」をイメージしており、上層部のスカイラインから地上部のファザードに至るまで、周辺も含めた開発が進む中之島エリアの新たなランドマークとしての存在感、奥行きを創出しています。



【プレスリリース】










th_P1170185.jpg


【スペック】
名称:ザ・パークハウス中之島タワー
所在地:大阪市北区中之島6丁目8番3、7番1
階数:地上55階・塔屋2階
高さ:193m
構造:RC造
杭・基礎 :ーーー
主用途:共同住宅(分譲)+店舗
総戸数:894戸
敷地面積:6,587㎡
建築面積:3,860㎡
延床面積:99,400㎡※容積率対象面積:71,200㎡
建築主: 三菱地所レジデンス、住友商事、京阪電鉄不動産、アサヒプロパティズ
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2014年10月
竣工:2018年03月













th_P1170181.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2015年12月だったので約1.5ヶ月ぶりの取材です。












th_P1170171.jpg


隣接する中之島インテスから見た現地の様子です。こうやって上から見ると2月とは様子が一変しており、基礎工事がかなり進んでいる事が解りました。












th_P1170172.jpg


アップで見た様子です。所々に丸い台座の様なものが見て取れますが、これは免震装置を取り付ける台座だと思います。ザ・パークハウス中之島タワーは、地震時の建物の揺れを軽減する免震構造が採用されており、基礎部に免震装置を設置する免震層を設け、免震層で地震エネルギーを低減・吸収させる事で建物がゆっくりと揺れるようになっています。














th_P1170174.jpg



最後は引き気味で、周辺のビル群と絡めたアングルです。基礎工事が進んできた事で、ザ・パークハウス中之島タワーの規模感が何となく掴める様になってきました。物件概要を見て解っている事ですが、あらためて基礎部の大きさを見ると、このタワーは相当な規模のタワーだと言う事が解りました。









【おまけ】


th_P1170176.jpg


中之島インテスからみた、フェスティバルタワー付近の様子です。超高層ビルが立ち並び、壁の様になっています。この密度感がいい感じです!


関連記事
[ 2015/04/10 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(2)

【大阪】大阪市建設局 堂島大橋改良3四半期発注へ

http://www.senmonshi.com/archive/02/02B8VJ752H2U2A.asp


ザ・パークハウス中之島タワーのタワークレーンの支柱に三尾の親子の鯉のぼりタペストリーが取り付けられました。
[ 2015/04/30 19:44 ] [ 編集 ]

ザ・パークハウス中之島タワーもタワークレーンの組立が始まりました。
[ 2015/04/19 09:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3066-62881315