阪急梅田駅リファイン工事 15.04 〜ビッグマン広場前〜

th_P1170224.jpg




阪急梅田駅リファイン工事は、旧阪急梅田駅から移転後、約40年が経過した阪急梅田駅を改装する駅施設の大規模リニューアル工事です。今回のリニューアル計画では「劇場空間 阪急スタイル」を空間コンセプトとし、今ある空間の良さポテンシャルを活かしながら、華やかさ・エレガントさをより追求し阪急らしさをイメージさせる利用しやすい駅空間(=劇場空間)が創出されます。


【過去記事】
阪急梅田駅リファイン工事 15.03
阪急梅田駅リファイン工事 15.01
阪急梅田駅3階改札外コンコースにパナソニック製「4K 対応84インチ24面」の 広告用大画面デジタルサイネージを導入!
阪急梅田駅リファイン工事 14.10
阪急梅田駅リファイン工事 14.08
阪急梅田駅リファイン工事 14.07
阪急梅田駅リファイン工事 14.05
阪急梅田駅1階中央コンコースの巨大デジタルサイネージ『梅田ツインビジョン』が稼働開始!
阪急梅田駅1階中央コンコースの巨大デジタルサイネージ『梅田ツインビジョン』が姿を表す!
阪急梅田駅1階中央コンコースに巨大なデジタルサイネージ『梅田ツインビジョン』が登場!














th_P1170228.jpg


阪急梅田駅では、大阪梅田地区の「顔」にふさわしい、洗練された統一感溢れるエリアとするため、2010年夏からリファイン工事が進められてきましたが、2015年3月25日に完成しました。この工事では、空間デザインコンセプトを“劇場空間 阪急スタイル”と定め、照明による演出効果も生かしながら、「APPROACH(アプローチ)」「GATE(ゲート)」「LOBBY(ロビー)」「STAGE(ステージ)」「GALLERIA(ガレリア)」の5つのイメージからなる空間に仕上げられました。
















th_P1170210.jpg


このBIGMAN前広場の照明は生体リズムに合わせた調光制御が導入されており、朝から日中にかけて覚醒感を高める白色に、一方、夕方は疲れを癒すオレンジ色に、色味が自動的に変化する間接照明となっています。時間帯によって印象が異なるのは、この照明色の変化が理由でした。















th_P1170211.jpg



阪急梅田駅のシンボリックな空間であるBIGMAN前広場の中心に位置する柱には、円形の案内サインが取り付けられました。













th_P1170213.jpg


大階段のルミポールの下部に化粧パネルが取り付けられ見栄えが良くなりました。















th_P1170235.jpg


案内サイン類もLEDを使用した薄型になりました。















th_P1170239.jpg


前回の取材時に「床材が削られており石材に取り替えられる」と書いたムービングウォーク北側の東西通路ですが、以前と同じく樹脂モルタル型枠式カラータイル舗装になりました。期待しただけに、ちょっと残念・・・。











th_P1170219.jpg


2階中央改札口から、JR大阪駅やグランフロント大阪方面へとつながる通路には、休憩コーナーが新しく設けられました。阪急梅田駅のシンボリックな空間であるBIGMAN前広場の吹き抜けを、バルコニーにいるかのように見渡せるこの休憩コーナーには、ベンチ(一人掛け)を10台、植裁風装飾がほどこされ、一人掛けベンチが10台設置されました。











th_P1170223.jpg



この休憩スペースには、20インチタッチパネル式多機能型サイネージが2台設置されており、多言語に対応した周辺地図や構内マップ、時刻表、コインロッカーの空き情報のほか、沿線おでかけ情報、ダイヤ検索、阪急三番街フロアマップなどの閲覧ができます。また。70インチサイズの広告用デジタルサイネージも9面設置されました。














th_P1170230.jpg


ここの休憩スペースですが、結構いい感じに仕上がっていました。














th_P1170206.jpg



ついに完成した阪急梅田駅のリファイン工事。今回はBIGMAN前広場を中心にご紹介しましたが、次回は3階コンコース付近の様子をご紹介したと思います。(続く)

関連記事
[ 2015/04/15 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(2)

他がリファインされたのにプラットフォームだけがそのままなのは
将来の大改造へ繋がる伏線だと思ってるのですが、まあ妄想ですよね……。
[ 2015/04/15 00:24 ] [ 編集 ]

JR新大阪駅もそうですが

阪急梅田駅も以前とは見違えるほど、明るくなおかつ洗練された空間に変貌しましたね。まさに「鉄道のターミナル駅はこうあるべき」という姿を体現しているなと、大げさながらも感じ入りました。
特にこの梅田駅は、阪急グループの総本山とも言える場所であるだけに、その改良に懸ける気合や意気込みが強く伝わってきます。

一部通路の舗装などの点で少々不満を感じるところはありますが…それでもこの出来栄えは十分に合格点だなと、私は思いました。美しくなって喜ばしい限りです(^_^)
[ 2015/04/14 23:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3073-0bace078