住友不動産が取得した瀧定大阪旧本社ビル解体工事の状況 15.04

th_P1170480.jpg



住友不動産は堺筋本町にある瀧定大阪旧本社ビルや隣接するSPP大阪ビルなど2013年に取得しましたが、現在、閉鎖中のビル2棟の解体工事が始まっています。解体工事が行われているのは、瀧定大阪から2013年11月に取得した2棟のビルです。














th_P1170489.jpg


前回の撮影が2015年3月だったので約1ヶ月振りの取材です。計画地全体が防護壁に覆われており、解体工事が本格化しています。










th_P1170491.jpg


撮影ポイントを変えて、大阪国際ビルから見た現地の様子です。










th_P1170495.jpg


瀧定大阪旧本社ビルに
隣接するSPP大阪ビルは計画地にある3棟のビルの中で最後まで稼働していましたが、ついに取り壊しが始まりました。









th_P1170493.jpg


最後は少し角度を変えて見た、現地の様子です。
関連記事
[ 2015/04/23 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(2)

同じ頃に撮影されているんですね。打合せの帰りに少しだけ撮影しました。
瀧定の1,2階が貫通していてSPPに抜けられるようになってました。
[ 2015/04/24 18:06 ] [ 編集 ]

ここも解体真っ最中ですね

解体中のこの敷地はL字形なりますけれど、建設が始まるとどういう形状の建物になるのか、とても興味深いです。

早く「建築計画のお知らせ」が掲示されるのを見たいなぁ(*^_^*)
[ 2015/04/22 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3087-11e0e6fa