JR神戸線-尼崎駅改良工事

IMG_5997.jpg

JR尼崎駅改良工事は、神戸線と宝塚線・東西線の結節駅として利用客が増加しているJR尼崎駅の混雑を緩和し、同時にエキナカ商業施設を新設する、駅舎の改良工事です。JR尼崎駅は、JR東西線の開業後に急成長した大阪近郊の乗り換えターミナル駅です。JR尼崎駅は、阪急で言う所の十三駅の様なイメージ(役割的)でしょうか。。
改良工事のイメージ図です。既存の橋上駅舎ぼ東側に新しい橋上駅舎が増設されます。増設駅舎の面積は約2,800m2、店舗面積は約850mとなっています。増設駅舎には上下エスカレータが設けられる他、南北自由通路に沿って柵外コンコースが設けられ、手狭な印象だった南北自由通路の一部が各幅されます。また、今回の駅舎改良工事に合わせてホーム屋根の延伸も行われます。ホーム屋根は、1・4号ホームが12両編成対応、2・3号ホームが10両編成対応となります。総工費は約50億円。2015年春の供用開始を予定しています。











IMG_6032.jpg


増設駅舎が建設される、大阪側の様子です。ホームに覆いかぶさる様に大規模な橋上駅舎が設けられます。








IMG_5992.jpg

最後は、1号ホーム(1,2番線)から見た、橋上駅舎の建設予定箇所の様子です。ホーム上屋の延伸は本当に嬉しいですね。新快速は12両編成が多く、ホーム上屋が無い場所からの乗り換えが辛かった記憶があります。延伸後は、雨の日の乗り換えがかなり楽になりそうですね。




1 Comment

愛阪者

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
現状のコンコースは狭すぎてラッシュアワー以外でもごった返してるので拡張は当然ですね。
それにしても民営化後の尼崎駅の変わりようは大阪駅に迫るものがありますね。
昔の、大阪駅から二つ目であるにもかかわらず思いっきりのんびりした佇まいのこの駅も好きでしたが。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。