NTTコミュニケーションズ「大阪第5データセンター」の建設状況 15.05

001_20150210233604964.jpg 


NTTコミュニケーションズは、同社の大阪市内で5番目となる「大阪第5データセンター」の建設を進めています。「大阪第5データセンター」は、サーバールーム面積が約3700平方メートル(1600ラック相当)の大規模データセンターです。大阪では、金融や製造業などを中心に本社機能を関西圏に集積する企業増加がしており、これに伴うシステム規模の拡大や、首都圏のデータセンターのバックアップサイトとしての利用増などから今後の成長が見込まれるため、NTTコミュニケーションズは新たなデータセンターの建設を決定しました。



th_IMG_3194.jpg


【スペック】
名称:NTTcom大阪第5データセンター(仮称)西本町ビル
所在地:大阪市西区西本町2-2-16
階数: 地上11階、塔屋2階、地下1
高さ:66.5m
構造S造・免震構造
杭・基礎 
主用途:事務室・コンピューター室
総戸数:
敷地面積:1,630
建築面積:1,120 
延床面積:12,000
建築主:NTTコミュニケーションズ
設計者:NTTファシリティーズ
施工者:鹿島建設
着工:201406月(予定)
竣工:201510月(予定)
















th_P1180881.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2015年1月だったので約4ヶ月振りの取材です。かなり高くなってきました。














th_P1180874.jpg


南西側から見上げた様子です。












th_P1180876.jpg


別の角度から見た様子です。













th_P1180882.jpg


最後は引き気味のアングルで見たNTTコミュニケーションズ「大阪第5データセンター」と
阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー)の様子です。








関連記事
[ 2015/05/21 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3137-937db630