学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)15.05

 th_P1190929.jpg


学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)は、大阪市北区茶屋町にあった旧市立梅田東小跡地(4,650㎡)に大学の新キャンパスを建設する再開発計画です。梅田キャンパスは、地上22階、高さ125mの超高層ビルで、大阪工業大が工学デザイン分野の新しい学部を置く他、摂南大など系列の二つの大学のサテライトオフィスが設けられます。











20130927-999247-1-L.jpg 

【出典元】→YOMIURI ONLINE 関西発

【スペック】
名称:学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)
所在地:大阪市北区茶屋町50番の一部他
階数:地上22階、地下2
高さ:125.15m
構造:S造、一部SRC造
杭・基礎 :場所打ちコンクリート杭
主用途:学校(大学)
総戸数:---
敷地面積4,650.41
建築面積2,416.21
延床面積33,329.89
建築主:学校法人常翔学園
設計者:服部・石本・安井設計監理共同企業体
施工者:西松建設
着工:201403
竣工:201608


















th_P1190932.jpg



現地の様子です。鉄骨建方が進み躯体が上に向かって伸び始めました!ここまで来るまで随分と時間がかかったのでようやくといった所でしょうか。











th_P1190926.jpg


よく見ると2機目のタワーの組み立ても行われていました。












th_P1190967.jpg



地上から見た2機目のタワークレーンの様子です。











th_P1190964.jpg



地上から見た様子です。











th_P1190913.jpg



最後はHEPの観覧車から見た現地の様子です。

関連記事
[ 2015/05/27 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3144-42ae3d99