神戸電鉄が新型車両「6500系」を2016年 春から導入すると発表!

th_001 22-07-32



神戸電鉄は2015年6月9日付けのニュースリリースで、「人と環境にやさしく、安全・快適な車両」を目指した新型車両「6500系」を新造し2016年春から運用を開始すると発表しました。6500系は、環境面に配慮、新型機器の採用や全ての照明設備をLED化することで、消 電力を既存車両1000系と比べて約60%低減する他、高齢化に対応して、吊り手を3 段階の高さにし、縦手摺り等が導入されます。さらに、今後訪日外国人が増えていくことを見据えて、外国語表記の充実がはかられます。 新型6500系の外観やデザインは既存の直近車両6000系を踏襲しています。



【最近の新型車両関連のニュース】
JR西日本が2017年度までに阪和線に新車122両を導入すると発表!
山陽電車が「5030系」車両以来19年ぶりに新型車両「6000 系」を投入すると発表!
阪神電鉄が新型ジェットカー5700系を導入すると発表!
南海電鉄が新型車両「8300系」を導入!4カ国語対応表示や全ての灯具にLEDを採用、2015年秋より運行開始!
大阪環状線に3ドアの新型車両「323系」を168両投入、国鉄時代の車両すべてを置き換え!
神戸新交通ー六甲ライナーに開業以来となる新型車両導入が決定!
北大阪急行電鉄9000形電車
阪急新1000系電車
京阪13000系電車

※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!




th_002 22-07-32


客室内の様子です。全体的にグループ会社である阪急電車の最新車両に似たデザインとなっています。ドア上に描かれている液晶モニタは32インチハーフサイズの超横長液晶でしょうか・・・。先日の山陽電車の新型車両に続いて神戸電鉄まで新型車両の導入が発表されました。2000年代に入ってからの乗客減に苦しみ設備投資を抑えてきた関西私鉄ですが、いよいよ投資の時期がやってきた様です。これから数年間は各社で新型車両が登場し、沿線が華やかになりそうで楽しみです。





▼以下ニュースリリース本文を引用



 環境にやさしく 全密閉型高効率主電動機や最新の半導体素子を使用したVVVFインバータ制御装置を採用 するほか、客室の照明や前照灯を含む全ての照明設備をLED化することにより、消費電力を 既存車両1000系(抵抗制御車)と比べて約60%低減し、省エネ化を図ります。 また、主電動機を全密閉型にすることで騒音の軽減も図ります。 

 高齢者にやさしく 吊り手の高さを従来の2段階(高・低)に加え、さらに低い吊り手を設置し、また座席から 立ち上がるときの負担が軽減できるよう縦手摺りを新設して、高齢者の方が利用しやすくなる ようにします。 

 訪日外国人にやさしく 扉上の車内案内表示器において、4か国語(日本語・英語・中国語・韓国語)による表記を 行い、訪日外国人に配慮するとともに、大型ディスプレイを採用して視認性を向上します。 

 乗客にやさしく 安全かつ快適にご利用いただくため、座席端部に大型袖仕切りを設置します。


関連記事
[ 2015/06/10 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3165-a876aea3