シンガポールの湾曲した巨大コンドミニアム、Reflections at Keppel Bay(リフレクションズ・アット・ケッペルベイ)

002_201506181251092bf.jpg
http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/


Reflections at Keppel Bay(リフレクションズ・アット・ケッペルベイ)は、シンガポールのケッペル湾沿いに建設された、大規模なコンドミニアムです。ニューヨークのグランド・ゼロのマスタープランを作成した、ダニエル・リベスキンドが手がけており、ベイエリアにに林立する湾曲したタワー群は未来都市の様相です。













003_20150618125057eaf.jpg
http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/

リフレクションズ・アット・ケッペルベイはは、地上41階、高さ160mのタワー3棟と、地上24階建てのタワー3棟、合計6棟の超高層タワーと、低層棟11棟で構成され、総延べ床面積が約19.3万㎡、総戸数は1129戸です。2011年に完成しました。


【スペック】
所在地 :Keppel Bay (シンガポール)
建築面積:22,835m2
延床面積:193,400m2
階数:タワー棟 41階建(3棟)、24階建(3棟)
総戸数:1129戸
竣工:2011年12月
建築主 :Keppel Bay Pte Ltd. (シンガポール)
デザインアーキテクト:Studio Daniel Libeskind Architect LLC
施工:Woh Hup Pte Ltd. (シンガポール)










004_20150618125100207.jpg

http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/


タワー棟は、それぞれ異なる湾曲をもち、上階に向けて細くなる形状に異なる色調のガラスとアルミパネルがランダムに配置され、見る角度や日差しにより反射しその名の通り様々な表情を見せています。ちなみにReflections at Keppel Bayの外装カーテンウォールユニットは日本のYKK apが担当しています。














005_20150618125101d7b.jpg

http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/



タワー頂部は、緑豊かなガーデンとなっており、住人のオアシス的な憩いの場となっている他、タワー同士を連結している9箇所のスカイブリッジも空中庭園となっています。
















001_201506181250569d5.jpg

http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/



最後は夕日に輝くReflections at Keppel Bay(リフレクションズ・アット・ケッペルベイ)の様子です。湾曲し、複雑に絡み合う6棟のタワー群は見る角度、時間帯によって、様々な輝き(リフレクションズ)を放っています。
関連記事
[ 2015/06/22 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3187-38f81653