スタジオ·ギャング設計のシカゴで計画されているWANDA VISTAタワー


002_201506241636017fd.jpg

WANDA VISTAタワーは、シカゴで計画されている高さ348mの超高層ビルです。建物を構成する3つの塔は、47階、71階、93階建ての3列に配置され、複雑な曲線を描く未来的なデザインが特徴です。設計はスタジオ·ギャング·アーキテクツで2019年の完成を予定しています。




















003_201506241636035df.jpg


WANDA VISTAタワーは、川沿いに林立する超高層ビル群の中でも一際存在感を放っています。海外では日本のSFアニメで描かれている様な光景がドンドン現実になってきています。












001_2015062416360458b.jpg



最後はシカゴのスカイラインとWANDA VISTAタワーの様子です。
関連記事
[ 2015/06/27 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(3)

ウォーターフロントの作り方は東京や大阪の方がうまいよ
というか、日本のやり方が正解
海外のウォーターフロントは都市圏gdpが伸びないので間違い
分かってない奴が多いんだよなぁ
[ 2015/06/28 18:34 ] [ 編集 ]

海外は完ぺきな都会のウォーターフロントを作ってる
東京や大阪はあまりにウォーターフロント軽視が長すぎた
[ 2015/06/27 11:28 ] [ 編集 ]

シカゴの高層ビル群のスカイラインは

私自身、実はニューヨークよりも好きなんですよ。無秩序にそれぞれのビルが点在して建っているのではなく、川沿いやミシガン湖といった水辺に近い場所に、整然と綺麗に立ち並ぶさまが美しいと感じるからなんです。
もちろん建物の高さも世界有数の圧倒的なものですが、各自のビルがどれも個性があって単に高さだけにとどまらないところに魅力があると私はそう思っています。

このビルも壁面の曲線が美しいですね。海外シリーズ、楽しく拝見してますよ(*^_^*)
[ 2015/06/27 00:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3197-a0cf4864