北陸本線-敦賀駅交流施設オルパーク

th_IMG_0945.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました




敦賀駅交流施設「オルパーク」は、JR敦賀駅の老朽化した待合室などの駅機能の一部を補う為に、駅舎に併設された多目的ビルです。著名建築家の千葉学 東京大学教授のデザイン監修となるこの建物は、2代目駅舎の復元を念頭に規模とシルエットを再現し、それを大きなガラスで包むといった、デザイン・構造共、細部に渡ってこだわりのあるつくりとなっています。


【出典元】
北陸本線-敦賀駅バリアフリー化工事



【過去記事】
北陸本線-敦賀駅バリアフリー化工事













th_IMG_0932_201507190918553ea.jpg


新しい敦賀の駅舎は、市民に長く愛された「2代目駅舎」のイメージを彷彿とさせるデザインとなっています。かつての2代目駅舎の特徴である「2つのウイングと中央の玄関」といった構成を、暖かみのある木で仕上げた「2つの箱」として現代に甦らせます。さらにその「2つの箱」をガラスで柔らかく包み込むことで、「2つの箱」との間に「縁側空間」を生み出しています。かつての2代目駅舎の佇まいを踏襲した「2つの箱」が、未来を象徴するガラスの表皮を身にまとうことで、敦賀の駅は、歴史と未来を象徴する新しい玄関口として生まれ変わりました。




















th_IMG_0935_20150719091854335.jpg



頂部をアップで見た様子です。内部の木の箱がガラス越しに見えています。



















th_IMG_0961.jpg



近くで見た様子です。全面ガラス張りの開放感のある造りになっています。



















th_IMG_1000_20150719091851da3.jpg




反対側から見た様子です。


















th_IMG_0964.jpg


内部の様子です。ここは1階中央部に位置するギャラリーの様子です。

オルパークのフロア構成ですが、1Fは、市民や来訪者の交流や待合所としても利用可能な「休憩所」や、敦賀の観光や施設の案内を行う「総合案内所/観光案内所」や「商業施設」があります。2Fには、絵画や写真などの展示やサークル活動等に利用可能な「多目的室」や、大型スクリーンや音響設備等を備え、様々な用途に利用可能な「休憩所」があります。全体的にオープンスペース的な場所が多く、大きな駅の待合所+市民ギャラリースペースといった施設になっています。



















th_IMG_0967_201507190919390bf.jpg


2階に繋がる階段の様子です。2階に上がってみます。




















th_IMG_0973_20150719091940e14.jpg



2階の様子です。ここは休憩所となっており、なんとなく図書館の様な雰囲気もあります(書籍はありませんが)。



















th_IMG_0979.jpg


2階から1階のギャラリーを見下ろした様子です。




















th_IMG_0991.jpg



2階通路から1階休憩室を見下ろした様子です。一番改札口寄りに位置する、この場所は駅の待合室の機能を持っています。縦設置のデジタルサイネージが贅沢に設置されています。



















th_IMG_0988_20150719092109754.jpg


2階通路の様子です。オルパークはコンクリートとガラスの外装が「2つの木の箱」を内包し、外装との隙間を「縁側空間」と称しています。この通路は縁側空間にあたりますが、通路幅はちょっと狭いですね。



















th_IMG_0985_20150719092111c9a.jpg


オルパークの2階から見た敦賀駅のホーム、橋上駅舎の様子です。敦賀駅は築堤の上にある為、駅前広場側に建設されたオルパークとは1フロア分のギャップがあり、2階の窓から見ると、ホームが真横にみえました。敦賀駅は既設ホームに跨線橋を新設し、コンコースとホームを結ぶエスカレーター・エレベータを新設するバリアフリー化工事、が実施されました。工事は2010年10月から始まり、2012年12月16日より供用が始まりました。総事業費は約19億円、そのうち敦賀市の負担額は約11億円です。


















th_IMG_0995_2015071909211203a.jpg





2階の縁側空間から1階に繋がる階段の様子です。













th_IMG_0926_20150719092114246.jpg



完成した敦賀駅の駅ビル「オルパーク」。小規模ながらとてもお金がかかった建物だなぁ・・。との印象を持ちました。デザイン的には見どころの多い建物のですが、旅客が動き回る縁側空間のろ幅が不足しており、キャリーバッグを持ったお客さんがギリギリすれ違える位の広さだったのが気になりました。まあ、敦賀駅自体の乗降客数から考えると、これでも十分なキャパなのかもしれません。新跨線橋、新駅ビルオルパークにつづいて、現在は駅前広場の再整備が完成間近となっています。駅前広場は次回の記事でご紹介したいと思います。


関連記事
[ 2015/07/19 10:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

おお、敦賀駅が!子供の頃よく行った敦賀駅がこんなにきれいになっていたなんて。
[ 2015/07/20 07:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3230-134099a2