大阪駅南広場整備の状況 15.07〜新しいバスのりばが2015年7月18日より供用を開始!

th_P1200855.jpg


JR西日本は、2014年9月29日付けのプレスリリースで、大阪駅南側の広場整備を実施すると発表しました。南広場の東側に混在するバスターミナルおよびタクシー乗車場を、東側はバスターミナル、西側はタクシー乗車場に分離される他、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋をつなぐ歩道橋(デッキ)の整備 上空歩行者通路の連携により、安全性および回遊性が向上します。



【出典元】
大阪駅改良プロジェクト 大阪駅南広場の整備に着手します


【過去記事】
大阪駅南広場整備の状況 15.05
大阪駅南広場整備の状況 15.04

大阪駅のタクシー乗り場が西側の桜橋口に移転!大阪駅南広場整備の状況 15.03

大阪駅南広場整備の状況 14.12

大阪駅南広場整備の状況 14.10

JR西日本が大阪駅南広場の整備に着手、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋が直結し梅田の回遊性が向上!

フロートコート・トラベルコート撤去工事13.07

フロートコート・トラベルコート撤去工事13.06
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.04
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.03
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.02
■追跡取材リスト



















th_P1200859.jpg


2015年03月に写真の御堂筋側にあったタクシー乗り場が桜橋口側に移転
し、その後、御堂筋側の再整備工事が本格化していました。そして、再整備計画の次の段階として、新しいバスのりばが整備され、2015年07月18日から供用が始まりました。
















th_P1200870.jpg


それでは早速、新しいバスのりばの様子を見てゆきましょう!
















th_P1200876.jpg


新しいバスのりばは、以前タクシー乗り場があった箇所に4ブースが設けられました。
















th_P1200881.jpg


近くで見た様子です。路面タイルや上屋の素材、デザインは桜橋口側と同じテイスト、デザインとなっています。
















th_P1200889.jpg


ベンチの様子です。ステンレス製で未来チックな感じがしました。
















th_P1200884.jpg



新しいバスのりばを見通した様子です。















th_P1200893.jpg


反対側から見た様子です。大阪駅側にはコインロッカーがズラリと並んだままになっていますが、導線的に見て不自然なレイアウトになっているので、これは再配置も行われるかもしれませんね。
















th_P1200906.jpg


一番西側から見通した様子です。
















th_P1200914.jpg


サウスゲートビルディングの2階から見た様子です。増築されたサウスゲートビルディングのデザインと統一感のある造りになっています。
















th_P1200908.jpg


引き気味で、全体を見た様子です。バスのりば周辺では、まだまだ工事が続いています。
















th_P1200912.jpg



ついに新しいバスのりばの供用が始まった大阪駅南広場東側。これから玉突き方式で工事が行われ、ドンドン姿を変えてゆく事になります。










関連記事
[ 2015/07/26 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(4)

梅田3丁目計画

いよいよ梅田3丁目計画(JP)が動き出す。

【民間】大阪・梅田の大弘ビルの解体工事に近く着手
梅田3丁目計画の実施に向けて前進
施工は大鉄工業、現場事務所も設置[2015年07月30日]

http://www.constnews.com/?p=14651

西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有する大阪・梅田の事務所ビル「大弘ビル」の解体工事が近く始まる。施工は大鉄工業が担当する。
すでに現場事務所「大弘ビル作業所」を北側の駐車場棟「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」の2階に設置した。
大阪中央郵便局や7階建ての駐車場棟を含めて一体開発する「梅田3丁目計画(仮称)」の実施に向けて動き出す。

大弘ビルは9階建て延べ約1万8300平方㍍。解体工事名は「大弘ビル撤去工事」。所在地は大阪市北区梅田3-2-14。

梅田3丁目計画(仮称)は2011年12月に大阪市に提出した「環境影響評価書」によると、郵便局と大阪ターミナルビルが事業主となり、高さ約187㍍の超高層ビル1棟に集約する。
規模はS一部RC・SRC造地下3階地上40階塔屋2層延べ約21万7000平方㍍。内訳は業務施設が約13万5500平方㍍、商業施設が約4万8000平方㍍、劇場が約1万平方㍍としていた。

低層部に商業施設が入り、大阪駅側の中層部に劇場が入る。西側の高層部はオフィスとして使う計画だった。建設地は大阪市北区梅田3-2-4ほかの敷地約1万2900平方㍍。
土地は大阪中央郵便局部分の約8900平方㍍を日本郵便、残りの大弘ビルと駐車場棟の約4000平方㍍をJR西日本が所有している。

順調にいけば2015年度中にも解体を終え、大弘ビル跡地の南西側に仮設郵便局を移す。16年7月から基礎工事に着手する計画だ。
[ 2015/07/30 09:34 ] [ 編集 ]

閉鎖中のブリーゼタワー33階

梅田経済新聞から・・・[2015年7月27日]

☆ブリーゼブリーゼ最上階に結婚式場・地上160メートルから大阪を一望☆
新施設名は「The 33 Sense of Wedding(ザ・サーティスリー・センス・オブ・ウェディング)」
http://umeda.keizai.biz/headline/2126/
[ 2015/07/27 21:46 ] [ 編集 ]

バースですね。
[ 2015/07/26 08:58 ] [ 編集 ]

かなり綺麗になりましたね!(≧∇≦)
2016年秋の完成が待ち遠しいところです。
[ 2015/07/26 01:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3245-787d9257