大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事の改装工事概要が判明!

001_20150728123438329.jpg


JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。



大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。



【過去記事】
▼桃谷駅
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 15.06


▼新今宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー新今宮駅リニューアル工事 15.07




▼西九条駅
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 15.01
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12-2
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12


▼大阪城公園駅
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.03
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 14.10


▼森ノ宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.05

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.04

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.03

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.10
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.09
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.08
大阪環状線改造プロジェクトの第一弾、森ノ宮駅改良駅舎の外観イメージが決定!
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.07
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.05
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04
環状線の大規模リニューアル計画「大阪環状線改造プロジェクト」がスタート!



















005_201507281237396ec.jpg



JR西日本は、2015年7月24日発表のニュースリリースで、同社が進めている「大阪環状線改造プロジェクト」に伴い、桃谷駅全体をリニューアルすると正式に発表しました。桃谷駅の改良コンセプトは「桃谷成蹊」。駅周辺の丘陵地帯が桃の名所であったことに由来する桃谷駅を、故事成語の「桃李成蹊(とうりせいけい)」になぞらえ、駅南口(天王寺方)から駅構内店舗エリア、改札口、新設する北口(鶴橋方)を抜けて高架下エリアに至る駅の南北動線を「一本の小道」と見立て、美しく快適で利便性の高い「道」をつくることを目指した改良が行われます。

 ※注釈 桃李成蹊とは (出典:大辞泉)
 「桃李(とうり)もの言わざれども下(した)自(おのずか)ら蹊(みち)を成す」の略。桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。
















003_20150728123437083.jpg
1 計画概要

 駅構内店舗エリア、高架下商業施設エリアを含め、駅および駅周辺の魅力向上につながる美装改良、商業開発を行います。

(1)新改札口設置
 駅北側エリアのアクセスの向上および新設する高架下商業施設エリアと駅部の一体化を図るため、北側(現在の駅の中2階改札内コンコース付近から北側道路)に改札口を新設します。

(2)高架下エリア 新商業施設開発
 駅北側高架下に商業施設(約1,000平方メートル)を新設します。
 高架下商業施設前(駅西側)には各店舗へのアプローチとなる外部通路を設け、新設の北側改札口からのつながりを演出するとともに、駅および駅周辺イメージの刷新を図ります。

(3)駅構内店舗エリア リニューアル
 駅構内店舗エリア(約550平方メートル)の全店舗リニューアルと改札外コンコースの全面美装化により、さらなる利便性・快適性の向上を図ります。

(4)駅舎全体美装改良
 ホーム、改札内外コンコース、トイレ、案内サイン、外壁など、駅舎全体を美装改良します。
2 開業時期
 平成28年夏ごろ
関連記事
[ 2015/07/29 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(4)

正直な話、桃谷よりもまず京橋を何とかして欲しいです。
JR西管轄内で天王寺と僅差で第4位の乗降客数がある駅なのに、あんまりな有様ですからね。京阪京橋駅との格差がありすぎます。
[ 2015/07/31 11:26 ] [ 編集 ]

そうでしたか

abcさん、教えてくださってありがとうございます。
実は私、この桃谷駅で下車したことがなくて駅構内とその周辺のことをまったく知らなかったんですよ・・・お恥ずかしい。

斜線が引かれた区画だったため、そう思い込んでしまったようです。重ねてお礼申し上げます。
[ 2015/07/29 19:31 ] [ 編集 ]

鶴橋方面の高架下、新改札あたりはもともとデッドスペースではなく、
春まで100円ショップがありました。
[ 2015/07/29 16:02 ] [ 編集 ]

このリニューアルは

単なる既存施設の改良だけではなかったのですね。これまでデッドスペースだった鶴橋方高架下に新たな改札口を設け、商業施設と動線を造るという大掛かりなものだとは知りませんでした。

改札口も増えて、それまで不便に感じていた一部の利用客の人々の利便性が大幅に改善・向上することでしょう。ここ数年のJR西日本は、以前よりも強いやる気・積極性が伝わってきていいことだと私は思ってます。
[ 2015/07/28 22:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3253-3ce4faae