大阪商工信用金庫新本店ビルがついに着工!今井兼次氏が手がけたレリーフ「フェニックス」は保存再生!

th_001_20150901232236302.jpg


大阪商工信用金庫新本店ビルは、大阪市中央区の本町1丁目交差点の南西角地にあった本町ビルディング跡に建設される金融機関のオフィスビルです。ビルの規模は地下2階地上12階建て。1階に本店営業部、2階に200席のホール、3階から10階に本部の各部署、11階に食堂などが入ります。

当初のスケジュールでは、解体工事は2015年2月中に終了、続いて新ビルの建設に着手、大阪商工信用金庫の新本店ビルの完成は16年9月、グランドオープンは16年12月の予定でした。ただ、旧ビルの解体工事が終わってから暫く動きが無く気をもんでいましたが、本日の建築通信新聞によると、8月27日に起工式が行われ、ようやく着工にこぎ着けたとの事です。新ビルの竣工は20175月末の完成で当初の予定よりも約半年遅れとなりました。



【出典元】
→建築通信新聞>【建築】今井兼次の「フェニックス」を保存再生! 大阪商工信金新本店ビル、設計は安藤忠雄
http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseibi/cmsfiles/contents/0000266/266754/Osaka_Shoko_Shinkin_Bank_Head_Office_Building.pdf




【過去記事】
本町ビルディングの跡地に建設される大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 15.03
本町ビルディングの跡地に建設される大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 14.12
本町ビルディングの跡地に建設される大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 14.10

※旭さんから情報を頂きました、ありがとうございました!











th_002_20150901232411d81.jpg



旧本町ビルディングは竣工1961年の古参のビルで、旧称は東邦商事本町ビル 。SRC造9階、地下2階、延床面積14,782㎡の規模で、設計は日建設計(塔屋レリーフ:今井兼次氏) でした。

旧ビルの屋上の塔屋に設けられていた巨大なフェニックス・モザイクのレリ ーフは、
今井兼次氏が手がてた物で、1,000 名を超えると想定されたテナント入居者の憩いの場となる屋上広場を飾るものとし て、ガウディに大きな影響を受けた同氏がデザインしました。このレリーフは、このビルと街の歴史を継承するために新ビルの低層部に保存再生される事になりました。













th_P1160519.jpg


ようやく着工され大阪商工信用金庫新本店ビル。もしかして計画が凍結されたのでは・・と気をもんでいましたが、無事に着工されて何よりです。現地には建築計画のお知らせも掲示されていると思うので、近日中に取材しに行きたいと思います。
関連記事
[ 2015/09/02 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(3)

本格着工は年末

http://www.constnews.com/?p=16339

~【民間】新本店ビルは12月から新築工事に着手/設計は安藤忠雄、施工は竹中工務店・鴻池組JⅤ/大阪商工信用金庫~
[ 2015/10/17 13:45 ] [ 編集 ]

おはようございます(^_^)/

「船場経済新聞」から・・・
❝ヘリで空から物件案内・高度300m、大阪本町の物件会社❞

http://semba.keizai.biz/headline/336/
[ 2015/09/16 08:14 ] [ 編集 ]

旧ビル屋上にあったオブジェ

今回建設される新ビルでは地上近くに移設保存されますが、これで以前よりも多くの人の目に触れることになりますね。
私はこういうデザインの造形物はけっこう好きなほうでして・・・完成したら実物をじっくりと眺めてみたいです(^^♪
[ 2015/09/02 17:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3302-98748fa0