JR西日本のクルージングトレイン・TWILIGHT EXPRESS 瑞風の車両デザインの詳細が判明!

th_001_20150916214917a0e.jpg
JR西日本は2015年9月16日発表のニュースリリースで2017年春に運行開始を予定している新しいクルージングトレインTWILIGHT EXPRESS 瑞風」の内外装デザインの詳細を発表しました。列車コンセプトは「美しい日本をホテルが走る」、デザインコンセプトは洗練された上質さと心休まる懐かしさをお客様が感じられる「ノスタルジック・モダン」。


エクステリアは、トワイライトエクスプレスの伝統を受け継ぎつつさらに上質さを演出した「瑞風グリーン」の車体に金色のエンブレムとラインを配置。展望デッキと5本のラインからなる流線形の先頭車には、丸目のヘッドライトや往年のボンネット型を彷彿とさせる運転室を配置し、懐かしさを演出しています。

【出典元】
TWILIGHT EXPRESS 瑞風の車両デザインについて
JR西日本プレスリリース>新たな寝台列車の導入について





【過去記事】
JR西日本の新たな豪華寝台列車の名称はTWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)に決定!
JR西日本の豪華寝台列車のデザインは「ザク」風!1両1室バスタブ付きの超豪華仕様で駆動方式はハイブリッド!
JR西日本の新たな豪華列車(クルーズトレイン)は、2017年春にも運行開始へ


※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!








th_007_2015091621493343f.jpg


この豪華寝台列車は客室車6両と、パブリックスペースである食堂車1両・ラウンジカー1両・展望スペース付き先頭車2両(編成の両端)から成る10両編成で、2クラスの客室(1両あたり1室と3室)を設け、定員は30名程度となります。また、駆動方式はハイブリッド方式(ディーゼル発電機にて発電した電力とバッテリーアシストによるモータ駆動)で非電化区間も走行可能な仕様となっています。2017年春から運行を開始を予定しており、世界遺産などの歴史・文化が豊かな地域を巡り、京阪神と山陰・山陽エリアをクルージングする事になります。











th_002_201509162149196fd.jpg


インテリアは、昭和初期に一世を風靡したアールデコ調をベースに、沿線の魅力をちりばめた車内で、大きな窓を流れる美しい景色を楽しむ事が出来る他、開閉できる窓や展望デッキから沿線の風を感じる事が出来ます。収納式ベッドを採用する事で昼間のリビングスペースを確保しています。












th_003_201509162149204e4.jpg

さらに、さまざまなニーズに対応出来る様に「シングルルーム」も用意されています。










th_009.jpg


スイートルームは、世界的にも希少な11室の広いスペースを持った特別な客室です。エントランスやプライベートバルコニー、リビング・ダイニング、寝室、バスタブ付バスルームを備えたスイートと呼ぶにふさわしいあつらえとなっています。














th_004_201509162149212e2.jpg

食堂車は、フォーマルな雰囲気としつつも心地よい空間で、オープンキッチンから伝わる車内調理のライブ感とともに、大きな窓を流れる美しい車窓を眺めながら、食の匠による料理を楽しむ事が出来ます。













th_005_20150916214923679.jpg

バーカウンターや立礼の茶の卓、ブティックスペースを備えたラウンジカーでは、木を多用した落ち着いた空間で乗客同士の会話や瑞風のおもてなしを楽しむ事が出来ます。














th_006_20150916214931d26.jpg


展望室では、空まで望むことができる開放的な空間となっており、雄大な車窓を楽しめる他、展望デッキでは沿線の風を感じていただけます。また、ドリンクサービスが提供されます。



TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)列車名「瑞風」の由来は、美しい瑞穂の国を風のように駆け抜ける列車。瑞風とは、みずみずしい風のことであり、また、吉兆をあらわすめでたい風という意味をあわせ持っています。トワイライトエクスプレスは日本を代表する豪華寝台列車として最後まで、人々のドラマを演出してきました。この新しいクルージングトレインはどんなドラマを生み出して行く事になるのでしょうか。







関連記事
[ 2015/09/17 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(8)

来年6月デビュー

http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/11/page_9594.html

『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』6月17日運行開始
[ 2016/11/29 17:45 ] [ 編集 ]

ザ・ページ大阪から

https://thepage.jp/osaka/detail/20161109-00000001-wordleafv?pattern=3&utm_expid=90592221-74.MhE2FG9NSl20b_sEZ9nUtg.3&utm_referrer=https%3A%2F%2Fthepage.jp%2Fosaka%2Fdetail%2F20161109-00000004-wordleafv%3Fpattern%3D3

“トワイライトエクスプレス瑞風 大阪市内などを走る【動画付き】”
[ 2016/11/10 15:34 ] [ 編集 ]

瑞風現る!

https://thepage.jp/osaka/detail/20160815-00000001-wordleafv

“トワイライト瑞風の先頭車が搬入 JR西日本”
[ 2016/08/16 00:08 ] [ 編集 ]

JR西日本HPより

https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/07/page_8921.html

『TWILIGHT EXPRESS 瑞風 旅の始まりを彩るラウンジの設置などについて』
[ 2016/07/08 22:36 ] [ 編集 ]

梅田経済新聞から

http://umeda.keizai.biz/headline/2256/

❝JR西日本、豪華寝台「瑞風」の料理概要発表 「西日本の香り感じて」❞
[ 2016/03/17 00:33 ] [ 編集 ]

鉄道ファンの記事から

http://railf.jp/news/

❝EF65 1124号機がトワイライト色に❞
[ 2015/11/13 15:25 ] [ 編集 ]

おはようございます(^_^)/

「特別なトワイライトエクスプレス」も、来年3月で運転を終了すると発表されましたね。
北海道新幹線開業に伴う、「はまなす」「カシオペア」の廃止とほぼ同期するかのように・・・寂しくなりますが、これも時代の流れで仕方のないことなんでしょう。沿線にまたファンが大挙押し寄せることでしょうね。
残り半年、もし見かける機会に恵まれたらしっかりと目に焼き付けておきたいと思いました。引退後は京都鉄道博物館にて、保存展示された姿で再会したいです。

南海7000系も今月いっぱい、381系もあとひと月あまりとラストランが迫ってきました。最近では山陽地区で走っていた117系にも廃車が発生したそうです。しかしその反面、新たな車両のこれからの活躍が楽しみでもあります。
[ 2015/09/19 08:37 ] [ 編集 ]

内装は期待できそうですね。
ただ先頭が・・・(-_-;)
色々要素詰めすぎて纏まりがないように思えます。
これでは灰汁ばかり強くて私には美しさが感じられません。
[ 2015/09/16 22:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3316-7d5188a2