天王寺公園リニューアル工事「てんしば」の建設状況 15.09

th_IMG_0002.jpg



天王寺公園では「天王寺動物園100周年記念コアイベント」が行われる今秋に向けてリニューアル工事が行われています。大阪市は「天王寺・阿倍野地区」の核となる天王寺公園において、民間活力の導入により、来園者に都市公園としての新たな魅力を提供し、さらには地区全体の集客力・地域ブランド力の向上を図るため、エントランスエリア等の整備・運営管理を行う民間事業者を募集し、その管理運営事業者は近畿日本鉄道(近鉄不動産)に決まりました。


※今回はニュース記事につづいて現地の様子をご紹介します。


















th_IMG_0018.jpg



エントランス付近には商業施設が配置されています。














th_IMG_0052_20150921223855a69.jpg


リニューアルされる天王寺公園のエントランスエリア「てんしば」は2015年10月1日のオープン予定で工事も終盤戦にさしかかっています。

公式HPによると、リニューアルオープン日の10月1日にはライフスタイル提案型のグリーンショップ「SPOONBILL」、スペシャルティコーヒーショップ「タリーズコーヒー天王寺公園店」、コンビニエンスストア「ファミリーマート天王寺公園エントランス店」室内と屋外のあそびを融合させた子どもの遊び場(有料施設)「BorneLund Playville(ボーネルンド プレイヴィル)天王寺公園」総合ペットサービス「ペットパラダイスDX」、フットサルコートやランニングステーションを展開する「キャプテン翼スタジアム天王寺」の6店舗がオープンします。え、キャプテン翼スタジアム!?凄いネーミングだっ!


その後11月14日(土)にはリニューアルオープン第2弾として「肉炉端ROBERT」、「青いナポリ イン・ザ・パーク」(仮称)「クレープリー・スタンド シャンデレール天王寺」の飲食店3店舗の開業を予定しています。これらの施設は緑あふれる公園に調和した開口部の広い、開放的な木造建築になっています。そして近年増加傾向にある外国人訪日客のご利用に対応すべく、てんしばエリアの一部ではFree Wi-Fiの設置や案内サインの多言語対応も進め、来園者がくつろぎやすい空間が創出されます。

















th_IMG_0060_20150921223857a91.jpg



写真上部の青色の屋根の建物には2店舗が入居、ファミリーマート天王寺公園エントランス店(右)、ライフスタイル提案型のグリーンショップ「SPOONBILL(左)が出店します。

また、
写真真ん中下の大屋根の建物には、タリーズコーヒー天王寺公園店が入居します。タリーズコーヒーとして関西初の公園内店舗で、ガラス張りの店内から公園を臨む開放的な空間が特徴、構造を活かした採光やライティングによって店内にいながら公園の雰囲気を楽しむ事が出来ます。













th_IMG_0057_20150921223858f66.jpg


写真上部の青色の屋根の建物には「肉炉端ROBERT」「クレープリー・スタンド シャンデレール天王寺」が出店。11月14日にオープン予定です。また、写真下部の赤色の大屋根の建物は、青いナポリ イン・ザ・パーク(仮称)が入居します。

青いナポリ イン・ザ・パーク(仮称)は、緑あふれる公園に面した2階建てのトラットリア。緑を囲むオープンエアシートは1F、2F合せて全88席、カジュアルで寛ぎ感あふれるインテリアはまるでヨーロピアンリゾート。ピッツァ以外にも野菜をたくさん使ったイタリアンメニューが揃います。
















th_IMG_0054_20150921223906f13.jpg


芝生広場に一番近い北側の施設には、総合ペットサービス「ペットパラダイスDX」が入居します。


















th_IMG_0008_2015092122390546d.jpg


芝生広場の様子です。天気の良い日には家族や恋人同士でピクニックが楽しめそうですね。写真真ん中少し下の青色の屋根の建物は、BorneLund Playville(ボーネルンド プレイヴィル)天王寺公園です。

















th_IMG_0047_201509212239074d2.jpg


「キャプテン翼スタジアム天王寺キャプテン翼」の様子です。漫画家・高橋陽一氏を名誉館長に迎え、関西では新大阪に続き「キャプテン翼スタジアム天王寺」がてんしば内にオープン。登場キャラクターの名前にちなんだ「翼コート」「岬コート」「若林コート」の3面の多目的フットサルコートを擁しております。また、「キャプテン翼サッカースクール天王寺校」の開校も決まっており、ジュニアサッカーの育成にも力を入れていきます。その他にも、ランニングステーション、スタジオを併設しており、フットサル以外のスポーツも楽しむことができます。

















th_IMG_0063.jpg

リニューアルオープンが迫った天王寺公園。芝生広場にベンチが見当たらない事が若干気がかりですが、エントランス付近の商業っ説群は無難な構成になっており、結構賑わいそうな予感です。ハルカスやあべのキューズモール、Mioなどから上手くお客さんが流れて来てくれれば、みどりの大広場がある憩いのある繁華街として、天王寺・あべの地区の魅力アップに貢献してくれる事を願っています。















関連記事
[ 2015/09/22 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(5)

この写真良くないですか?

http://www.sankei.com/west/photos/151010/wst1510100047-p1.html

ハルカスとライオン 一日5千人限定でナイトZOO 夜の動物たちをじっくりと 大阪・天王寺動物園

http://www.sankei.com/west/news/151010/wst1510100047-n1.html

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)で9日、午後6時から8時まで特別開園する「プレミアムナイトZOO(ズー)」が始まり、親子連れらが夜の動物たちの姿を楽しんだ。

 開園100周年を記念した事業で、今年8月にナイトズーを初開催。9日間で年間来場者の1割にあたる約13万人が殺到したため、今回はゆったりと見られるよう各日5千人限定の事前申し込み制にした。

 この日、ナイトズーが始まると、来場者がお目当ての動物たちのもとへ。昼間は寝そべりがちで活動的ではないライオンやアムールトラが活発に動いたり、レッサーパンダが餌を食べたりする姿に歓声を上げた。

 また、抽選で選ばれた約30人が、園内にある動物病院や餌の調理施設を特別に見学。色とりどりの電飾がついたミミナガヤギが飼育員と園内を散歩し、子供たちと触れ合った。

 大阪市阿倍野区の山下倖平くん(9)は「ミミナガヤギの毛は硬かった」と話していた。ナイトズーは午後5時までの通常営業とは完全入れ替え制となる。
[ 2015/10/11 22:59 ] [ 編集 ]

横の大坂城()どうにかならんかなぁ
[ 2015/09/23 21:39 ] [ 編集 ]

ソフト次第やろうな

何となく、と言うか、「ここにしかない」ものが無い内容やなあ、と思いますね。地の利から言って、何か広域に人を呼ぶものが無ければ。
オープン後のソフト次第かな。近鉄さんで大丈夫かなあ。。
[ 2015/09/22 17:22 ] [ 編集 ]

芝生広場

素晴らしい出来栄えだと思いますが、懸念材料が一つ・・・。
姫路駅前にオープンしたキャッスルガーデンの芝生が、あまりのたくさんの人々に踏みつけられて、早くも全滅状態です。天王寺は規模や人の多さにおいて姫路などの比ではないので、てんしばの芝生がどのようになるか、今から少し心配です。
[ 2015/09/22 10:05 ] [ 編集 ]

ここは私も大変楽しみにしています(*^-^*)

オープン直後の最初の週末には、オープニングイベントが開かれます。これまでキューズモールで催されていた「アカペライベント」がここてんしばで行われ、スペシャルゲストになんとTAKE6が登場するという驚きの内容!いやー豪華ですね(゜▽゜)♫

天王寺・あべのの新たな賑わいスポットとして、綺麗に生まれ変わったてんしばに期待しています!
[ 2015/09/22 00:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3325-09fd7569