大名古屋ビルヂング 15.09

th_IMG_0108_20150922015313dd7.jpg


大名古屋ビルヂング は、名古屋駅前にあった旧大名古屋ビルヂング 及びロイヤルパ ークイン名古屋の敷地を一体的に開発整備し、地上34階、地下4階、高さ約190mの超高層ビルを建設する再開発計画です。前回(仮称)名駅三丁目計画 の仮称でご紹介しましたが、三菱地所の発表によると、長年地元の皆様にn親しまれてきた歴史ある旧建物の名称「大名古屋ビルヂング」が継承される事になりました。



【過去記事】
大名古屋ビルヂング 15.01
大名古屋ビルヂング 14.09
大名古屋ビルヂング 13.09
大名古屋ビルヂング 13.02
(仮称)名駅三丁目計画 12.10
















th_IMG_0109_20150922015315461.jpg



【スペック】

名称:大名古屋ビルヂング
階数:地上34階、塔屋1階、地上4階
高さ174.70m※軒高?
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房プラント等
構造:地上 鉄構造(柱一部CFT造) 地下 鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:9,155.56m2
建築面積:6,563.39m2
延床面積:146,698.04m2
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設
着工:2013年5月1日頃
竣工:2015年10月末(予定)















th_IMG_0102_20150922015316177.jpg


回の撮影が2015年1月だったので、約8ヶ月振りの取材です。既に外観はほとんど完成状態となっており、高さ174.70m、延床面積146,698.04m2の巨大なビルが姿を表していました。













th_IMG_0093_20150922015317ebc.jpg


低層部の様子です。低層部は商業ゾーンなっており、キーテナントして三越伊勢丹グループの新しい中型編集店舗であるセレクトストアが出店する予定です。同ストアは、地下1階から地上2階の一部に位置し、店舗面積は約3,000㎡になる予定。高感度な男女をメインターゲットに、婦人・紳士・雑貨のファッションを提案します。また、地下1階から地上3階までの、面積約8,500㎡の商業ゾーンには、約80店舗の出店を予定し、アパレルや雑貨、食品に加え、飲食などさまざまな業種での構成を計画。物販ゾーンのコンセプトは「ノスタルジック×クリエイティブ」。地元と全国の有力専門店の新業態や名駅エリア初出店ブランドをそろえます。飲食ゾーンでは、「”食”&”楽”」をコンセプトに食の名店が並び、一日中賑わいをみせる食空間を目指します。


ターゲットは、名古屋駅周辺エリアでオンタイムを過ごす”東海シティワーカー。開発コンセプトは、「D・N・A(大・名古屋ビルヂング・アドヴァンス)」。1962年に誕生し、名古屋駅前のシンボルとして親しまれてきた旧大名古屋ビルヂングのDNAを受け継ぎながら、都市生活者に向けたライフスタイル提案を行ってきた三菱地所のテナントネットワークと、名古屋市・中京圏で愛されている地元専門店を融合・進化し、地域の新しい顔としての存在を目指しています。













th_IMG_0095_20150922015318c74.jpg


低層部の屋上には庭園が整備されます。既に大量の土が搬入されており造園作業が行われています。

















th_IMG_0097_20150922015332ae2.jpg


反対側の様子です。こちら側は植栽が進んでいました。

















th_IMG_0276_20150922015331f66.jpg



撮影ポイントを変えて、ミッドランドスクエアから見た、大名古屋ビルヂングの様子です。














th_IMG_0248_20150922015330031.jpg


頂部の様子です。ヘリポートを示す「H」マークが見えますね。
















th_IMG_0252.jpg


大名古屋ビルヂング の面白い所は、外装カーテンウォールのアクセントカラーが面によって異なる事です。JR名古屋駅側は黄土色のアクセントカラーで比較的規則性をもったデザイン、反対側はシルバーのアクセントでランダムな配置となっています。これにより、見る角度や時間帯にによって様々な色合いを楽しむ事が出来ます。














th_IMG_0141_201509220153277f2.jpg



こちらは低層部のアップです。低層部の外装もかなり凝っています。















th_IMG_0145_201509220153415c2.jpg


名駅側には「大名古屋ビルヂング 」のロゴマークも登場しました。















th_IMG_0135_20150922015339610.jpg


いよいよ完成が近づいた大名古屋ビルヂング 。太陽の光を浴びた高層部はまるで都市にそびえる大樹のようにも見えます。規模やデザインは全く違いますが、何故か大阪富国生命ビル を思い浮かべました。大名古屋ビルヂングはJR名古屋駅前の新しいランドマークとして、名駅周辺の集客装置として、重要な役割を果たす事になります。
関連記事
[ 2015/09/23 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(3)

最後の写真、ビルの壁面が金属製のおろしがねみたいだ
[ 2015/09/23 22:14 ] [ 編集 ]

周りの光によって見え方が異なるビルは見ていて飽きません。
このビルは是非とも260mの高さで建てて欲しかったです。
[ 2015/09/23 21:18 ] [ 編集 ]

撫でたら痛そう。
[ 2015/09/23 18:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3329-da0edeff