JR天王寺駅東口がリニューアル!東改札口、東こ線橋の耐震補強工事の予告看板が掲示される

th_IMG_20151107_000944.jpg

JR天王寺駅で新しい動きがありました。JR西日本は、これからの時代の「新しいJR西日本グループの姿」を掲げた「JR西日本グループ中期経営計画2017」を策定、今年4月には中期経営計画2017進捗状況と今後の重点取り組み(アップデート)を発表しました。PDFのプレゼン資料のP12、今後の重点取り組み内に、グループ資産の価値を高めるために土地等資産の最大活用(大阪環状線[森ノ宮駅、桃谷駅、天王寺駅東口等)との記述があり、近々天王寺駅の東口跨線橋と改札口付近のリニューアル工事が行われると予想していました。











th_IMG_20151107_000955.jpg


なんとなく利用している天王寺駅ですが、現地にこんな予告看板が掲示されいて驚きました!「東改札口・東跨線橋」の耐震補強工事が今月11月から始まるようです。中央コンコース側は耐震補強工事に合わせて大規模リニューアルが実施されたので、東跨線橋・改札口側も同じくリニューアルされると思います。また、この工事エリアを見ると15〜18番ホームの全体が工事エリアに指定されています。関空開港以来、手が加えられてこなかったこのホームも改装されるのでは無いでしょうか・・・。












th_IMG_20151107_001048_20151107160904073.jpg


現地の様子です。終電間際なので人影も疎らな感じです。











th_IMG_20151107_001028.jpg



ついに動きがあったJR天王寺駅東改札口・跨線橋。耐震補強工事は2015年11月〜2018年年度完成予定とかなり息の長い工事になりそうです。さて、東改札口側はどんな駅に生まれ変わるのでしょうか・・・!




関連記事
[ 2015/11/07 16:21 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

この跨線橋部分は

人が多く通るわりに通路幅がちょっと狭いうえに、また内部も古ぼけたものとなってましたからやはり耐震補強が行われるのですね。
平成30年度まで予定となっていますが、年度末を指すのでしょうか?それだと単純に工期は約3年余りになりますか。

阪和・大和路ホームも工事区画に含まれているとのことで、リニューアルして現状から見違えるほどきれいに刷新してほしいものです(^-^)
[ 2015/11/07 16:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3404-e139ac19