オリックスなどが出資する「関西エアポート」と新関西国際空港会社が、関空・伊丹空港の運営権売却について正式契約を締結!

th_P1150530.jpg



新関西国際空港会社は、2015年12月15日に、関西、大阪(伊丹)両空港の運営権売却について、オリックスなどが出資する「関西エアポート」と正式契約を結ぶと発表しました。関西エアポートは来年4月から両空港の運営を始める予定です。運営期間は44年間で、対価などとして計2兆2千億円以上を新関空会社に支払う。公共施設運営に民間資金を活用する例としては国内最大規模となります。

オリックスとフランスの空港運営会社「バンシ・エアポート」は12月に関西エアポートを設立。社長にオリックス出身の山谷氏、副社長にバンシ出身でフランス人のムノント氏が就任。パナソニックやNTT西日本といった地元企業など30社も来年4月までに出資に加わり、オール関西で新会社を支える事になります。


【出典元】
→新関西国際空港>
「関西国際空港及び大阪国際空港特定空港運営事業等」に係る 公共施設等運営権実施契約の締結等について(PDF)


【過去記事】
関空・伊丹空港の運営権売却はオリックスとフランスのヴァンシ・エアポートが組む企業連合に事実上決定!


 アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!



th_IMG_0055.jpg



格安航空会社(LCC)の誘致を強化する関空の国際定期便は急増しており、2015年冬ダイヤではついに1200便/週を上回るスケジュールとなりました。関空では、現在の2つのターミナルでは許容量が足りなくなってきているため、第3ターミナルの建設が進められています。さらにオリックス連合は2期島にLCC向けの第4ターミナル建設を計画、1期島にある鉄道駅と歩いて移動できる連絡通路の設置も検討されています。また、深夜早朝便が充実し乗り継ぎ待ちなどで空港内で寝泊まりする訪日外国人が増えていることを受け、低価格な宿泊施設を制限区域の内外に新設されます。
 

さらに、世界25空港を運営するヴァンシ・エアポートが持つ欧米航空会社との太いパイプを生かし、関空の課題となっている欧米向け長距離便の誘致を加速させる計画です。オリックス連合は「新たな営業戦略と料金戦略でワールドクラス(世界一流)の空港運営会社を目指す」とのビジョンを示しました。事業計画では、関空の発着回数は26年度実績の1・8倍となる25万5千回、旅客数は2・1倍の4153万人を見込んでいます。

関連記事
[ 2015/12/16 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(4)

おはようございます(^_^)/

BLOGOSから・・・http://linkis.com/blogos.com/article/ZUxzY

[ 2016/01/16 09:21 ] [ 編集 ]

マイナビニュースから

http://news.mynavi.jp/news/2015/12/17/039/

❝大阪府が「転居して働きたい都道府県」1位に - 「旅行」きっかけが多数❞
[ 2015/12/17 23:45 ] [ 編集 ]

オリックス様様。あの銭亀と思っていたオリックスが無謀とも思えることをするとは。是非成功してほしい。
これが成功すれば、大阪の発展に大いに寄与するし、今後の大阪を引っ張るのはオリックスとなる。
将来的には大阪の財界トップを引き受け、大阪の経済界の沈滞ムードを打破してほしいものだ。
[ 2015/12/16 21:55 ] [ 編集 ]

ついにここまでたどり着けました!

これからの飛躍・発展に期待しています。
[ 2015/12/16 18:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3468-04ea8e9c