御堂筋線梅田駅のアーチ空間リニューアル工事の状況 15.12

th_IMG_0248_20160105233014c95.jpg


御堂筋線梅田駅のアーチ空間は現在リニューアル工事が行われています。今回のリニューアル工事では、公営初の地下鉄として昭和8年に開業した梅田駅の歴史あるアーチ天井のフォルムを活かしながら、斬新なデザインと照明を活用することで、より魅力的なアーチ空間に生まれ変わります。さらに、ホームやコンコース全般にLED照明を採用し、省エネルギー化が図られます。




【出典元】
御堂筋線梅田駅のアーチ空間を刷新します ~リニューアルデザインが決まりました~


【過去記事】
御堂筋線梅田駅のアーチ空間リニューアル工事の状況 15.10
御堂筋線梅田駅のアーチ空間リニューアル工事の状況 15.09

御堂筋線梅田駅のアーチ空間リニューアル工事の状況 15.07

御堂筋線梅田駅のアーチ空間リニューアル工事の状況 15.06

御堂筋線梅田駅のアーチ空間リニューアル工事の状況 15.04

御堂筋線梅田駅のアーチ天井のリニューアル工事が始まる







1.デザイン・コンセプト  「日本の美、ほのぼの」 LIGHT&SHADOW

 
 公営初の地下鉄の代表的な駅「梅田」、国際都市として進化し続ける大阪の玄関口「梅田」。建設当時を振り返ると、その時代の最先端の照明を多用し、脚光を浴びた斬新なモダンデザインで、大阪を代表する梅田駅でした。新しく生まれ変わる梅田駅アーチ空間は、梅田駅のランドマークとして、また大阪の玄関口として「梅田駅にふさわしい、アーチ天井を活かした空間」をテーマに、お客さまに末永く愛していただける駅空間をめざします。歴史あるアーチ天井のフォルムを活かしながら、斬新な凸凹型の肌合いを持つ逆富士型の小型アーチを連続して配置し、天井と一体になった照明から放たれる光と影のコントラストと合わせて幻想的な空間を演出します。このたびアーチ空間を刷新することにより、斬新さによって日本を代表する「美」を、光と影のコントラストによってやさしく包み込む「ほのぼの」をお客さまに提供したいと考えています。完成予定は平成27年春です(実際は遅れています)

  




  2.リニューアルポイント


・天井と照明が一体となったデザインにより、今までにない斬新な空間を提供
・光と影のコントラストによってお客さまをやさしく包み込む空間を演出
・LED照明を採用し、省エネルギー化を図る













th_IMG_0250_20160105233016bc1.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2015年10月だったので約2ヶ月振りの取材です。今回取材してみると、足場を組み付けていた壁面の化粧板の復旧工事がかなり進み、リニューアル工事全体の完成間近といった段階まで来ていました。














th_IMG_0245.jpg


ホワイティ梅田方面に向かう階段付近の様子です。資材置き場として使われていたフリースペースも復活していました。













th_IMG_0253_20160105233018db3.jpg


先ほどの反対側の様子です。こちらは逆にエスカレーター付近で新たに工事が始まっていました。















th_IMG_0268_2016010523301923c.jpg



縦アングルでアーチ空間を見通したアングルです。















th_IMG_0266_201601052334223e0.jpg



線路側の壁面の様子です。前回に比べると、壁面の化粧板の復旧が進み、新たに間接照明が追加されていました。














th_IMG_0260_201601052334259d2.jpg



反対側も同じく、新しい間接照明が加わり少し雰囲気が変わりました。















th_IMG_0287_20160105233426b60.jpg


上からアーチ空間を見下ろしたアングルです。

















th_IMG_0279_20160105233428304.jpg


逆富士型のシンボル照明がズラリと並んでいます。














th_IMG_0295_20160105233428d23.jpg


逆富士型のシンボル照明の様子です。














th_IMG_0292_201601052335531db.jpg


サイネージとシンボル照明を絡めたアングルです。このサイネージモニタは4k対応ですが、撮影時の映像ソースは普通のフルHD画像で4k解像度を活かしきれていまでんでした。















th_IMG_0258_2016010523355211c.jpg


最後は全体を見渡したアングルです。前回に比べると壁面化粧板の復旧が進んだ事、合わせて壁面を照らす間接照明が加わった事で空間全体の立体感が強調された気がします。今回のリニューアル工事は殆ど終了していますが、最後の微調整的な仕上げ工事がまだ残っています。

関連記事
[ 2016/01/06 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(7)

明るくなりましたね!

私は綺麗になったと、素直に喜んでいますよ(^-^)
[ 2016/01/07 21:13 ] [ 編集 ]

実際に見たけど圧迫感は感じなかったけどな
[ 2016/01/07 14:19 ] [ 編集 ]

車両の方も…

大阪市営地下鉄にグリーン車並み座席 川重が納入

http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201601/0008698870.shtml

 川崎重工業(神戸市中央区)は今秋、大阪市営地下鉄御堂筋線に登場する新型車両に、新幹線のグリーン車と同素材の座席を納入する。
大阪市交通局によると、地下鉄で全座席が“高級シート”になるのは国内で初めてという。

 平均的な乗車時間が10~30分と短くても快適な車内にしようと、同局は今回初めて車両本体(1編成10両)と座席を分けて入札を実施。
近畿車両(大阪府東大阪市)が本体を、川重が座席をそれぞれ落札した。

 川重は車両メーカーとして、座席の製造技術も蓄積してきた。御堂筋線の新車両に納入する座席には、新幹線のグリーン車座席に使われるクッションやばねを採用。
長いすタイプだが、1人分のスペースにくぼみを設けて横揺れを少なくした。

 川重はこのほか、シャープ(大阪市)と共同開発した車内照明も納入する。光によるストレスが少ないとされる「さくら色」を国内で初めて導入。
季節や時間帯によって白や昼光色を織り交ぜる車内用の発光ダイオード(LED)照明で、快適性を高める。

 大阪市によると、座席は約4500万円で、照明は約8600万円で、それぞれ川重とグループ会社が受注した。(高見雄樹)
[ 2016/01/07 11:22 ] [ 編集 ]

機能的には良いかもね。大阪の顔の一つともいうべき、この場所に相応しいとは思わんけど。100人に訊いてみたら分かる。
[ 2016/01/07 11:18 ] [ 編集 ]

去年発表された御堂筋線の車内のデザインと同じで、暖色と寒色と同時に使うから新しいのにゴチャゴチャした印象になるんでしょう。圧迫感もそういうことじゃないでしょうか。
[ 2016/01/07 00:38 ] [ 編集 ]

綺麗になったのは嬉しいけれど、なんだか圧迫感がある。
[ 2016/01/07 00:19 ] [ 編集 ]

改装途中では天井両壁側の素材がテカテカすぎるような気がしてましたが、間接照明で照らされるとまた印象が違って見えますね。
光の陰影で立体感をだす演出を狙ったのかもしれませんね。
[ 2016/01/06 17:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3494-d7022c25