世界初! LCC「ピーチ」が外装に段ボールを活用したチェックイン機を導入!ただ安いだけではないピーチ独自の工夫が満載!!

th_IMG_0015_20160111171302805.jpg


Peachは、関西空港第2ターミナルで、新たな自動チェックイン機を2015年10月23日に設置しました。このデザインを担当したのは、大阪市の建築事務所「屋根裏設計」。新しいデザインのチェックイン機は、建築家によるデザインのもとで共同開発され、外装に段ボールを使用するなど徹底的なコスト削減が図られています。また、モニタサイズは従来の15インチから32インチに大型化、言語表示は選択せずに予約番号で自動的に表示されるようになりました。これにより、チェックインに要する時間も短縮されるとの事です。











th_IMG_0017_201601111713043dc.jpg


自動チェックイン機は、大手航空会社では通常、710年は使うものですが、ピーチはわずか3年で変更する事になります。PeachAviationによると、機能的かつスタイリッシュなデザインが実現し、さらに広告媒体としても利用できるという。また、外装の“着せ替え”が簡単になり、端末ごとに絵柄の変更も可能です。例えば、就航地で大きなイベントや祭りがある際など、就航地の空港のみの絵柄を採用するなど、より柔軟に対応できるそうです。

なお、段ボールを外装に使用しても、機材としての性能や強度はそのままで、一般の同サイズのチェックイン機と比べると、製造にかかったコストは約1/5との事。運搬や設置などにかかる費用の削減にも貢献したといい、日本のLCCをリードするpeachらしい試みといえます。













th_IMG_0023.jpg


今回の開発で新しくなった機能として、言語選択のオートメーション化があります。Peachでは現在、5言語(日本語、英語、中国語繁体字・簡体字、韓国語)に対応し、自動チェックイン機で言語選択のアクションがありましたが、新機では予約コードを読み込むとインターネット予約時の言語がそのまま自動チェックイン機でも表示されるようになっています。

さらに、新型は筐体の高さが190cmもありますが、これにも理由があります。Peachは従来機の自動チェックイン機で、5秒で作業が完了できる"世界最短チェックイン"をうたっていますが、新型ではチェックイン処理中の時間をさらに短くすること以外にも、空港に入ってからチェックインを完了するまでの全工程でも、"最短"を実現するための工夫を考えたそうです。

それが、遠くからでも一目でも機械の位置が分かる視認性の向上、そして、大きくとられた画面による操作画面と補助画面の使い分けです。画面では作業中の人への案内のほか、後列の人に「チェックイン受付中」「お並びの方は旅程表とパスポートをご用意ください」などの情報を提示することで、チェックインを待っている間に準備を促す役割も果たすそうです。こうしたソフト面の技術をトータルして、現在特許を出願しているとの事。














th_IMG_0020_20160111171300994.jpg


32インチ縦配置のモニター画面の様子です。筐体との隙間はスポンジで埋められています。また、筐体本体はダンボールですが、利用者が良く触れる箇所はアルミで補強されています。全体的な印象は家電量販店に設置されているインターネット回線のデモカウンターそっくりです。












th_IMG_0025_2016011117130590d.jpg


アップで見た刀子です。たしかにダンボール製です(笑)ただ制作費が従来機の1/5ならば、更新頻度は半分でもOKなはずなので、利用者に対する工夫、効率化をドンドン進められるメリットが多いです。ダンボールといった素材や本体価格が安いといった解りやすい特徴が狙いではなく本当の目的は、対応時間の縮減によるユーザー満足度の向上、常に最新機種を投入出来る価格競争力の獲得です。さすがピーチは目の付け所が違いますね。













th_IMG_0011_20160111171314793.jpg


Peachでは現在、乗客の約9割がカウンターではなく自動チェックイン機を使用しているそうです。関空以外の空港にも順次導入が進められるそうなので、Peachのノウハウと"遊び心"が詰まった新自動チェックイン機の使い心地をぜひ体感してみたいですね。



関連記事
[ 2016/01/20 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(2)

~トラベルボイスから~

http://www.travelvoice.jp/20160125-59608

❝関空でボディスキャナー試験運用、外国人旅客を意識、LCCピーチと共催で3月末まで❞
[ 2016/01/25 18:33 ] [ 編集 ]

最近のピーチのインタビュー記事を読みましたが、本当に素晴らしかったです。
顧客目線での改革、大阪をアジアの首都とする高い理想、まさに大阪が必要としていた企業だと思います。

パナソニックやシャープにも頑張ってほしいですけど、これからの大阪を引っ張るのはピーチやオリックスのようなインバウンドに関わる企業なのかもしれませんね。
[ 2016/01/20 12:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3515-ce43efd8