半世紀振りに外壁をリニューアルした大丸京都店。心斎橋店をモチーフに神戸・札幌店のネオ・クラッシックデザインを継承!

th_IMG_0218_20160117153200a6d.jpg


大丸京都店
は 1912 年に現在の地に、四条烏丸に出店し2012年に100年が経過しました。そんな歴史のある大丸京都店(きょうとみせ)ですが、半世紀ぶりに外装のリニューアル工事が行われ、外観イメージが一新されていました!




【出典元】
J.フロントリテイリング>10 月 8 日(水) 外装リニューアルオープン(PDF)

【過去記事】
大丸京都店の外壁が半世紀振りにリニューアル、心斎橋店をモチーフに神戸・札幌店のネオ・クラッシックデザインを継承!











th_IMG_0233_201601171532011af.jpg



大丸京都店の外壁リニューアルは、伝統や歴史的様式を取り入れ現代的に再構築、現存するウィリアム・メレル・ヴォーリズのデザインモチーフを一部参照し、四条通りの街並みに調和した、安心感のあるクラッシックデザインをモダン化したデザインとなりました。

古典主義建築の定石であるファサード表現(3 層構成)を踏襲し、くじゃくのブロンズ像を中心に東西のタワー形状・対称性(シンメトリー)を強調した外観は、格式ある普遍的な美しさをかもし出しています。また、看板についても京都市景観条例に基づき建物に沿うデザインに変更するなど、古都の街並みにしっくり溶け込むよう工夫されています。


下層階:大理石(ベース)
中層階:レンガタイル(ボディ)
上層階:塗り壁(クラウン)










th_IMG_0237_20160117153200edb.jpg



大丸のシンボルである「くじゃく」のブロンズ像です。












th_IMG_0242_20160117153158d57.jpg



地上 15.5 メートルの壁面はデジタルサイネージ(縦 1.2 メートル 横 6.7 メートル)が設置されました。















th_IMG_0246_20160117153203cc6.jpg


エントランス付近も百貨店らしい高級感が上手く演出されています。













th_IMG_0254_2016011715321588e.jpg


完成した、大丸京都店の外壁リニューアル工事。以前のオフィスビルの様な外観から、四条通りの街並みに調和した、安心感のあるクラッシックデザインをモダン化したデザインに大変身を遂げました。
関連記事
[ 2016/01/24 00:00 ] 近畿 京都 | TB(0) | CM(3)

この通りって屋根があるから外観が目に入りにくいですよね
めちゃくちゃ便利ですけど少しもったいない
[ 2016/01/25 08:05 ] [ 編集 ]

こういう外観は百貨店っぽくていいですね
しかし個人的には、唯一残ってたヴォーリズのオリジナル部分を壊して心斎橋店の方に外観を合わせたのは非常に残念でした
どうせならオリジナルに合せてもらいたかったんですが、まあお金がかかりますもんね・・・
[ 2016/01/25 01:40 ] [ 編集 ]

以前が

百貨店というには華やかさのない、無粋なものでしたからね・・・いい傾向だと思います。
[ 2016/01/24 00:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3527-b034105d