京都駅南口駅前広場整備事業(八条通)の状況 16.01

th_001_2016012323303001e.jpg


京都駅南口駅前広場整備事業(八条通)は、京都駅正面や中央口に比べ整備が遅れていた八条通側の南口を再整備する開発計画です。京都市には、空港も港もない為、京都市を訪れる来訪者にとっての玄関口は京都駅になります。京都駅周辺では賛否両論を巻き起こした京都駅ビルの建設を皮切りに駅周辺の再整備が着々と進んでおり、以前に比べると集客力は段違いに高まっています。JR京都駅に至っては、JR発足直後に比べ乗降客数が約2倍に達しており40万人/日が目前に迫っています。



【出典元】


【南口再整備のポイント】

1:限られたスペースの有効活用

・八条通の交通量を踏まえた車線数の見直し
・地下空間を有効利用した機械式地下駐輪場の採用
・ショットガン方式の導入

2:公共交通の乗継利便性の向上
・路線バス乗降場の集約化
・雨に濡れずに乗り継ぎができる屋根の設置

3:快適な歩行者空間の創出
・段差のないバリアフリー対応の歩行者空間
・自転車通行環境を整備し歩行者空間と分離












th_IMG_0313_201601240022102c3.jpg


現地の様子です。南口の新しい玄関口となる拠点広場(デッキ)の躯体が姿を表していました。拠点広場は南北自由通路と直結しており、路線バス乗り場にエスカレータ等でアクセス出来る様になります。












th_IMG_0320_20160124002212159.jpg


近くで見た拠点広場の様子です。新幹線ホームがあまりにも巨大な為、拠点広場が小さく見えますが、近くで見るとそれなりの規模がある事が解ります。












th_IMG_0334.jpg


ハイアングルで撮影した、工事中の拠点広場の様子です。南北自由通路との接続点が良く解ります。









th_IMG_0330_2016012400221486a.jpg


今回の南口の再整備は、八条通の車線数を6車線から4車線に減らし、生み出されたスペースを元に駅前を再整備する計画となっています。











th_IMG_0316_201601240022166dd.jpg


反対側から見た様子です。









th_IMG_0311_20160124002223742.jpg


京都市を訪れる観光客数は過去最高の5,162万人を記録、米国「Travel+Leisure」誌読者投票で京都がベストシティランキング世界1位になり、世界で最も魅力的な観光都市に選ばれるなど、観光都市としての世界的な評価が高まっています。京都駅ビル側に比べて「アバンティ以外何もない」と言われてきた八条通側ですが、膨大なインバウンド需要を受けて、ホテル建設を中心に徐々にその姿を変えて行く事になりそうです。


関連記事
[ 2016/01/28 00:00 ] 近畿 京都 | TB(0) | CM(3)

素晴らしいです。

車線を減少して広場造成。素晴らしいですね。
欲を言えばもう少し大きな広場になればよかったですが…。
これをきっかけに八条口側の整備が進むことを期待します。
少なくとも東寺へのアクセスは改善するべきだと思います。(東寺通り無電柱化など)
[ 2016/01/28 13:03 ] [ 編集 ]

いいですね!

こちらもきれいに仕上げていただいて、国際観光都市の顔にふさわしいものになることを期待しています(^o^)
[ 2016/01/28 09:20 ] [ 編集 ]

確かに八条口側は華やかさに欠け地味でしたからね
これを機に賑わいが生まれるといい
[ 2016/01/28 05:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3538-58517281