日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況16.03

th_001_20150224224943249.jpg 



ザ・パークハウス中之島タワーは、大阪市北区中之島6丁目のグランキューブ大阪の西隣で建設されている、地上55階、高さ約193m、総戸数894戸の大規模タワーマンションです。現在建設中のタワーマンションとしては、西日本最大級、免振構造を採用したタワーマンションとしては日本最高階数となるビッグプロジェクトです。外観デザインのコンセプトは、「アクア・プリズム」。中之島のアクアライン(水面)が重なり、空に向かって積み上げられた「ガラスの箱」をイメージしており、上層部のスカイラインから地上部のファザードに至るまで、周辺も含めた開発が進む中之島エリアの新たなランドマークとしての存在感、奥行きを創出しています。



【プレスリリース】















th_IMG_0327_20160318220347442.jpg



前回の撮影が2016年2月だったので約1ヶ月振りの取材です。かなり高くなってきました。















th_IMG_0329_2016031822034552f.jpg


【スペック】
名称:ザ・パークハウス中之島タワー
所在地:大阪市北区中之島6丁目8番3、7番1
階数:地上55階・塔屋2階
高さ:193m
構造:RC造
杭・基礎 :ーーー
主用途:共同住宅(分譲)+店舗
総戸数:894戸
敷地面積:6,587㎡
建築面積:3,860㎡
延床面積:99,700㎡※容積率対象面積:71,200㎡
建築主: 三菱地所レジデンス、住友商事、京阪電鉄不動産、アサヒプロパティズ
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2014年10月
竣工:2018年03月












th_IMG_0342_20160318220349dcf.jpg



カーテンウォール、バルコニーのガラス手摺の取り付けが進み、かなり超高層ビルらしくなってきました。ザ・パークハウス中之島タワーの外観はガラス部分が多く浮遊感を感じるデザインとなっています。











th_IMG_0325_2016031822034827e.jpg



真下から見上げました。完成時には延床面積約10万㎡の巨大なタワーになる為、現時点でもかなりの迫力を感じる事が出来ます。













th_IMG_0322_201603182203514b0.jpg



四隅からバルコニーを廃し、ガラス窓を置いたデザインは住友不動産のシティタワーシリーズに似た感じで、オフィスの様な雰囲気も感じます。












th_IMG_0334_20160318220357bee.jpg


最後は隣に建つグランキューブ大阪との並びです。ザ・パークハウス中之島タワーもう少しでグランキューブ大阪に肩を並べる所まで成長していました。

関連記事
[ 2016/03/19 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(1)

四隅がカラス窓で

バルコニーを目立たなくしているデザインは、やはり私も好みです。中津のザ・セントラルマークタワーや堂島のザ・レジデンスなど。
遠目に見ても、高層のオフィスビルのように見えてカッコいいのですよね。
[ 2016/03/20 00:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3610-084fc01b