関空の商業施設「エアロプラザ」が大規模改修、トランジット(乗り継ぎ)ホテルを整備。バンシ・エアポートの運営ノウハウを導入!

th_P1100040.jpg


産経新聞は先日のWEB版のニュースで、今月4月から関西国際空港と大阪(伊丹)空港を運営する関西エアポートが、関空島内の複合施設「エアロプラザ」の大規模改修を行うと伝えました。

関空のエアロプラザは
、関西空港駅から第1ターミナルの反対側に建設された複合商業施設で、地上11階、地下1建て、延べ床面積は約6万5千平方メートルの規模です。今回の大規模改修の投資額は最大100億円で、商業施設を拡充した上で、深夜・早朝便の旅客向けのトランジット(乗り継ぎ)ホテルが整備されます。また、商業施設も大幅に拡充され、飲食店や訪日外国人に人気のある雑貨店やドラッグストア、家電店をテナントに入れる様です。オリックスとともに、関西エアポートに出資する仏空港運営会社バンシ・エアポートの運営ノウハウが早速導入される事になりました。


【出典元】
空にフランス流!?エアロプラザ大規模改修へ「仏バンシ」ノウハウ導入












th_P1100046.jpg


最近では深夜・早朝便のLCCを利用する旅客が長いすで仮眠する姿も目立っている事から、昨夏にはシャワー室を備えた休憩場が設置されましたが、安価でしっかり仮眠できる宿泊施設の設置を望む声は強まっていました。トランジットホテルは世界のハブ(拠点)空港では設置が常識となっており、6時間区切りで料金設定されるのが一般的だそうです。大阪都心部と関空を結ぶリムジンバスは完全24時間運行になりましたが、やはり空港内の仮眠施設は必須アイテムだと思います。コインシャワー付きの大型マンガ喫茶なんか最高に便利だと思いますが、どうでしょうか・・・。

 









th_IMG_0247_20160401002837c03.jpg



大規模改修が行われるエアロプラザ。鉄道駅から第1ターミナルビルに流れる旅客導線の正反対に立地するこの商業施設はホテル以外は苦戦を強いられてきました。しかし、第2ターミナルビル行きのシャトルバスがエアロプラザ南端から発着する事から徐々に利用客が増えている様です。今回の改修は、訪日客やトランジット客のニーズをダイレクトに反映した内容に思えるので、改修後のエアロプラザは息を吹き返す事になりそうです。

関連記事
[ 2016/04/01 00:30 ] その他 空港 | TB(0) | CM(8)

関空・大阪(伊丹)2015年度運営概況 (速報値)

http://www.nkiac.co.jp/img_data/file_1479_1461312311.pdf

◎発着回数・航空旅客数いずれも年度として過去最高を記録。
[ 2016/04/22 20:08 ] [ 編集 ]

2月の関空(話題としては今さら感がありますけど…)

http://www.sankei.com/west/news/160422/wst1604220021-n1.html

『外国人入国者 関空、成田抜いた!…LCC増、爆買い影響?初の最多 2月』
[ 2016/04/22 17:07 ] [ 編集 ]

LCC向け整備会社、関空に誘致検討…就航増狙い
2016年04月05日

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160405-OYO1T50020.html

 オリックスと仏ヴァンシ・エアポートなどでつくる「関西エアポート」は、1日から運営を始めた関西国際空港に、航空機の整備を専門に行う「MRO会社」の誘致を検討していることを明らかにした。
自前で整備体制を持たない格安航空会社(LCC)にサービスを提供し、利便性を高めて就航を増やしてもらう狙いがある。

 航空機には飛行時間や発着回数などに応じ、部品交換や機体の構造検査といった整備が義務づけられている。
ただ、自前で整備するには格納庫の建設や整備士の育成など初期投資や経費がかさむため、低運賃が特徴のLCCはMRO会社に委託する場合が多い。
アジアでは中国、台湾、シンガポールにMROの拠点がある。

 関空にMROの機能が備われば、関空を経由するLCCが増える可能性が高まる。
ヴァンシが運営するポルトガルのリスボン空港にはMRO会社があり、LCCの路線網が拡大した実績がある。
ヴァンシ出身のエマヌエル・ムノント副社長が読売新聞に対し、「関空島内には広大なスペースがあり、MRO会社を誘致することを考えている」と述べた。

 関西エアポートは、LCCの就航拡大を成長戦略の柱に掲げている。今後、各社の需要や事業の採算性を考慮し、計画を具体化させる考えだ。

 日本航空機開発協会によると、世界で運航するジェット旅客機は2034年に現在の2倍近い約3万7000機に増える。
それに伴ってMROの需要も拡大し、市場規模は14年の577億ドルから24年に868億ドルになるとの予測もある。
[ 2016/04/06 09:25 ] [ 編集 ]

まさにその通りで、”国際ハブ空港”という概念に拘泥する必要はない。十分採算が取れてるならLCC空港として生きるのも選択肢の一つ。エアラインの取り合いで消耗戦に巻き込まれるより、羽田・インチョンの競争を傍観していればいい。東アジアに一つくらいがちょうどいいと思う。
[ 2016/04/02 22:52 ] [ 編集 ]

関空で国際線どうしを乗り継ぐ客はまだ少ないと思うのでエアロプラザでも大丈夫でしょう。
内際乗り換え(特に深夜早朝が多いLCC利用者)向けでしょうね。
[ 2016/04/02 14:04 ] [ 編集 ]

なお、関空の出入国利用者が全国1位となったソースは法務省のHPで確認できます。
ぜひ確認してみることをオススメします。
ttp://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001148377
[ 2016/04/01 11:40 ] [ 編集 ]

2月の訪日外国利用者数に衝撃の動きがありました。
なんと、関空の利用者が成田を抜き、日本一の利用者数となったそうです。
航空関係者は衝撃を持ってこの発表を受け止めてるようですよ。
関空の絶好調ぶりは皆の予想をはるかに上回るレベルで推移してるそうです。
[ 2016/04/01 11:27 ] [ 編集 ]

国際線の乗り継ぎの場合、一旦日本に入国して次便の前に再出国するんでしょうか。ビザの関係で簡単じゃない人もいるのでは?インチョンのトランジットホテルみたいにゲート間の移動の途中にフロントがあれば便利だけど。それとも日本人と訪日客限定?
[ 2016/04/01 02:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3640-d3562966