新歌舞伎座跡地のホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)は旧建築の意匠を残したデザイン。難波に隈研吾氏設計の新ランドマークが誕生!

th_001_20160404215843fa7.jpg


冠婚葬祭大手の株式会社ベルコは、2016年4月4日に発表したプレスリリースで、大阪難波の新歌舞伎座跡地のホテル計画の概要と外観デザインを発表しました!新ホテルの仮称は「ホテルロイヤルクラシック大阪」。外観デザインは低層部に旧建築の意匠を残し新しいランドマークとして生まれ変わる事が明らかになりました。低層部は既存の新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザインとし、難波 の街に馴染んできた「顔」である建物を保存する意匠となります。高層部はアルミルーバー を複数枚重ねた、繊細かつダイナミックなファサードデザインです。ホテルは2016年6月に着工、2019年10月の開業を予定しています。

難波のランドマーク的な建物だった旧大阪新歌舞伎座は、施設の老朽化等に伴い2009年6月に閉館、劇場機能は近鉄が上本町駅近くに建設した
「上本町YUFURA」に移転しました。テナントが無くなり空きビルになった新歌舞伎座跡は、2012年3月に冠婚葬祭「ベルコ」が用地を取得していました。

※アリー my dearさん、 BEWさんから情報を頂きました。ありがとうございました!



【出典元】
2019年秋、大阪ミナミに建築家・隈研吾氏設計の新ランドマークが誕生
「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)新歌舞伎座跡地に旧建築の意匠を残し生まれ変わります!
(PDF)


【過去記事】
(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事の状況 15.12
旧新歌舞伎座を建て替える(仮称)ベルコ難波ホテル新築工事が始動!
さよなら新歌舞伎座。ついに新歌舞伎座の解体工事が始まる
新歌舞伎座跡地に「ベルコ」結婚式場など建設へ
 

【隈研吾氏の作品例】

→富山キラリ(TOYAMAキラリ)~富山市立図書館 本館・富山市ガラス美術館~

地方都市の中心市街地活性化策の成功事例として注目を集める「アオーレ長岡」が凄い!








th_IMG_0204_20160111121851c91.jpg


【スペック】
名称:
ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)
所在地大阪府大阪市中央区難波四丁目59-1 外(地名地番)
階数:地上19階、地下1階
高さ:85.85m
構造S造、RC造、SRC造
杭・基礎 ---
主用途:ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場)、店舗
客室数:150室
敷地面積2,292.65㎡
建築面積1,893.46㎡
延床面積26,490.90㎡(容積対象面積22,349.19㎡)
建築主:ベルコ
設計者:隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設
施工者:鹿島建設
着工:2016年06月(予定)
竣工:2019年07月(予定)







th_002_20160404215845eec.jpg

新ホテルは隈研吾建築都市設計事務所が設計した地下 1 階・地上 19 階の都市型ホテルで、低層部はこれまでの新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザインと し、長く難波の街に馴染んできた建築を保存する意匠となります。 内部は計150 室の客室をはじめ、レストランやラウンジ、5 つのバンケットを配置し、ブラ イダルに対応できるよう、2 つのチャペル、フォトスタジオ、ブライダルサロンが設けられます。






th_003_201604042158463ee.jpg



【フロア構成】
地下 1  ロビー、テナント、機械式駐車場
 エントランスロビー、テナント、カフェ 
 レストラン、ラウンジ 
 バンケット①、バンケット② 
 事務室 
 ウェイティングルーム 
 チャペル、フォトスタジオ 
 バンケット③
 バンケット④ 
 バンケット⑤ 
10  ブライダルサロン 
11  ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン 
12-18  客室 
19  チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム








th_IMG_0009_2016040422200691c.jpg

3月中旬の現地の様子。解体工事はほどんど終わっており現地は更地になっている

設計者の隈研吾氏曰く「国内外から多くの人々が集うような、新たなミナミのランドマークとなり、観光都市大阪の発展に貢献する建物となることを目指しました。建築家 村野藤吾氏の代表作であり、長い間大阪ミナミの「顔」でもあった新歌舞伎座の意匠を継承しました。我々はそこに奥行き感があり繊細な表情を持った高層部のデザインを行い、新旧の調和のとれた建物となるよう計画しました」との事です。












IMG_1488.jpg
在りし日の旧新歌舞伎座。新しいビルの低層階はこの外観が再現される


ついに完成予想図が明らかになった新、歌舞伎座跡地のホテル計画「ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)」。低層部には旧新歌舞伎座の外観イメージが取り入れられた、連続唐破風(からはふ)のファサードを持った新ビルは大きな話題を呼びそうです。さて、実際の建物はどんな風に仕上がるのでしょうか?そして、高層部の処理は一体どうなるのか!?不安半分、期待半分で、これからも追跡取材を行ってゆきたいと思います。

関連記事
[ 2016/04/05 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3648-9cdaa3d1