愛知大学名古屋校舎第2期工事の状況 16.05

th_001_20150207221256713.jpg

【出典元】2017年春、名古屋キャンパスに本館(研究棟)・グローバルコンベンションホール完成予定<2期工事>


愛知大学名古屋校舎第2期工事は、現在の愛知大学名古屋キャンパスの東側B-2敷地)にある駐車場・駐輪場で、建設される超高層キャンパスを建設する再開発計画で、高さ約100mの超高層キャンパスが建設されます。超高層ビルとなる本館(研究棟)には研究室のほか教室、学生用のスペースが設けられます。また、B-2敷地南側にはグローバルコンベンションホールが建設され、学会や国際会議等が開催できる600名収容のホールが設けられます。



【出典元】
2017年春、名古屋キャンパスに本館(研究棟)・グローバルコンベンションホール完成予定<2期工事>
【過去記事】
愛知大学名古屋校舎第2期工事の状況 15.09



【施設概要】

100
m級のシンボル性
環境性能とデザイン性を併せ持つエコボイドの設置
グローバルコンベンションホール(600名収容)の設置
教室数の拡大(1.5倍)と研究室の本館(研究棟)への移転
学生用のスペース(ラウンジ、フリースペース、自習室)を拡充
グローバルスペースやラーニングコモンズの設置
館(研究棟)の最上階に学生、見学者のためのラウンジを設置
上空通路(2階、5階)の設置
機械式駐車場の設置
超高層建物として高度な耐震設計、地盤の液状化対策、備蓄倉庫の確保











th_IMG_0192_201605071454210ea.jpg


ミッドランドスクエアから見た現地の様子です今回取材してみると、既に鉄骨建方がかなり進んでおりもう少しで最高部に到達するまでに成長していました。

















th_IMG_0331_20160507145419c8f.jpg 




【スペック】
名称:愛知大学名古屋校舎第2期工事
所在地愛知県名古屋市中村区平池町四丁目606
階数:地上23階、塔屋2階、地下1
高さ:最高部93.80m
構造S造、一部(SRC造、RC造)
杭・基礎 場所打コンクリート拡底杭、2000φ4200φ41m×10
主用途:大学
総戸数:-----
敷地面積 4,957.00
建築面積 2,299.72
延床面積 13,929.46
建築主学校法人 愛知大学
設計者日建設計
施工者鴻池組
着工:201502
竣工201703月(予定)























th_IMG_0343_201605071454229d0.jpg 

別の角度から見た愛知大学名古屋校舎第2期工事の様子です。


















th_IMG_0335_2016050714542485c.jpg


愛知大学名古屋校舎第2期工事(写真左)と先に建設された、愛知大学名古屋キャンパスの講義棟と厚生棟(写真右)を絡めたアングルです。












th_IMG_0301_201605071454259da.jpg


最後はささしまライブ駅側から見た現地の様子です。

関連記事
[ 2016/05/12 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3697-32f0b92e