「えちぜん鉄道」が期間限定で北陸新幹線高架を走行中!仮設駅に切り替えられた「えちぜん鉄道」福井駅の状況 1605


th_IMG_1197_20160527121212799.jpg


えちぜん鉄道は福井駅周辺の高架化事業に伴い、既に完成している北陸新幹線の福井駅部分の高架を使い、2015年9月27日から仮線の運行を始めました。
新幹線福井駅部の高架部分0・8キロを鉄道建設・運輸施設整備支援機構から借りてレールを敷き乗り入れる形で、2018年秋までの約3年間、新幹線高架をえちぜん鉄道の車両が走ることになります。高架化事業を行う場合、既設の線路に添って仮線を敷き→仮線に移転→既設線路を撤去→高架線構築の流れが多いですが、今回のケースでは、既に完成している北陸新幹線の高架線を仮線として使用する、非常に珍しい事例となります。



【出典元】










001_201605261647288af.jpg


【事業概要】
・施行者:福井県
・鉄道名:JR北陸線外2線
・施工延長:
  JR北陸線高架延長3.3km
  えちぜん鉄道高架延長3.0km
・その他の整備内容
  交差道路 27路線
  高架側道:5路線
  除却踏切:5箇所
・全体事業費:約683億円










002_20160526164727448.jpg


北陸本線在来線・新幹線を含む福井駅部の高架化工事の工程表です。現在は④えちぜん鉄道仮線切替の段階です。北陸本線新幹線の駅部が島式1面2線なのが驚きですね。











th_IMG_1201.jpg



それでは、えきぜん鉄道福井駅の仮設駅の様子を見てゆきましょう!















th_IMG_1203_20160527121209f85.jpg



改札外コンコースの様子です。広々としてガランとした印象です。自動改札機はなく有人改札です。また自動券売機もなく有人窓口で切符を入場券を買いました。













th_IMG_1206_201605271212086d6.jpg


改札内コンコースの様子です。














th_IMG_1207_20160527121207905.jpg


発車標の様子です。サイネージモニタ方式のシンプルなタイプです。














th_IMG_1211_20160527121242b2b.jpg


待合室の様子です。














th_IMG_1213.jpg



期間限定の仮設駅舎ですがエレベーターが設置されていました。













th_IMG_1216_20160527121239d81.jpg


改札内コンコースの一番置くにホームに続く階段とトイレがあります。














th_IMG_1262_20160527121238b31.jpg



この階段がメチャクチャ長く登るのに一苦労しました。













th_IMG_1245_201605271212369f9.jpg


ホーム上の様子です。ここが将来北陸新幹線の福井駅になるとは、にわかには信じられない感じです。














th_IMG_1219_20160527121350208.jpg


案内サイン類の様子です。青地に白文字はJR西日本の旧型タイプに似た感じですね。














th_IMG_1222_20160527121352729.jpg


ホーム上の発車標の様子です。液晶サイネージモニタを使用したタイプとなっています。














th_IMG_1230.jpg


ホームを見通した様子です。














th_IMG_1261_20160527121354158.jpg


ホームと停車中の電車の組み合わせ。














th_IMG_1239_2016052712135514b.jpg


発車標と駅名票です。














th_IMG_1224_20160527121410f28.jpg


続いて軌道の様子です。狭軌の線路が敷設された光景を見ると、やはりここが新幹線の軌道とは信じられない感じです。ただ、新幹線の長大編成に対応出来るようにホームの設置スペースが延々と取られている所から、新幹線の息吹を感じる事が出来ました。















th_IMG_1237_20160527121408220.jpg



軌道はバラスト軌道にPC枕木となっています。













th_IMG_1247_20160527121407fd9.jpg


こちらは大阪側の様子です。写真の奥側では北陸新幹線の敦賀延伸に向けて駅周辺で発掘工事が行われていました。














th_IMG_1257.jpg



在来線駅舎側の終端付近の様子です。「えちぜん鉄道」福井駅仮設駅舎ですが、新幹線の高架を私鉄が走るという貴重な光景を見ることが出来て満足出来ました。








【おまけ】



th_IMG_1272.jpg


仮設駅舎の改札外コンコースのベンチには恐竜のブロンズ像が!














th_IMG_1274_2016052712144605e.jpg


福井県の恐竜押しは凄かった。

関連記事
[ 2016/06/01 00:00 ] 北陸・甲信越 福井 | TB(0) | CM(2)

福井県=恐竜なんでしょうか・・・

http://www.kensetsunews.com/?p=67220

❝三菱総研を特定/福井県の第2恐竜博物館/基本構想・計画、民間参画調査❞
[ 2016/06/03 12:21 ] [ 編集 ]

恐竜の像は良いですね。

恐竜の像はとてもよい印象を与えるから、えちぜん鉄道専用ホームが出来た時は恐竜を意識した建物が良いかもしれません。
[ 2016/06/01 21:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3738-b21070db