奈良文化財研究所「本庁舎建替事業」の状況 16.06

th_001_20160605114727814.jpg

奈良文化財研究所現庁舎は、築約50年を経過し老朽劣化が著しく、また、貴重な資料・図書等の増加による狭隘化も深刻な状況にあり、調査研究に支障をきたしている状況です。さらに、耐震診断を実施した結果、本建物は倒壊等の危険性があると判定されています。これらの問題の解決を目的として、「本庁舎建替事業」進められる事になりました。










th_002_20160605114728440.jpg



【工事概要】 
奈良市二条町(旧本庁舎跡地) 
敷地面積 8,878.94 建築面積 2,812.45  
延床面積 11,677.36 地上4階,地下2階 
鉄骨造,鉄骨鉄筋コンクリート造 
最高高さ 14.99m 
着工: 2016 5 15 日から
竣工:2018 年(平成30 年)3 31 日(予定)

※読者の方からメールで情報を頂きました、ありがとうございました!









th_003_20160605114730169.jpg



【計画概念】
・建物施設の安全性能の確保と防災対策の強化を図る
・建物施設性能劣化(老朽化)による調査研究環境への 支障の抜本的改善を図る
・重要文化財等の貴重な収集資料、精密な研究機器、 30万冊に及ぶ研究用図書等の保管場所・環境確保を図る
・アジアを中心とした諸外国の研究機関との研究交流、 情報発信等を行う拠点としての機能充実を図る


関連記事
[ 2016/06/10 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3760-d97eaf0b