南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.06

th_IMG_0231_20151223205001d46.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました

南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルは、老朽化した現南海会館ビルを建替える再開発計画です。南海会館ビルの建て替えにあたり、難波再開発計画の南端に新しいオフィスビル(NCプロジェクト オフィス棟新築工事)を建設し、本社機能を移転、その後現南海会館ビルを解体、新ビルを建設する玉突き方式での建替えとなります。南海会館ビルの建て替えは2011年2月に南海電鉄が発表した新中期経営計画「凜進130計画で明らかになりました。


【過去記事】
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.04
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.03
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.02
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 15.12
新南海会館ビル(仮称)の最新のイメージパースが発表され最新のビルデザインが判明、着工は2015年9月1日!
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 15.07
新南海会館ビル(仮称)15.06
新南海会館ビル(仮称)15.01
新南海会館ビル(仮称)14.11
新南海会館ビル(仮称)14.07
新南海会館ビル(仮称)14.05
南海会館ビルの建て替えに向け、既存建物の解体工事が始まる!
新南海会館ビルの事業概要が発表!








th_IMG_0216.jpg



【スペック】
名称:南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル
所在地:大阪市中央区難波五丁目12番外32筆(地名地番)
階数: 地上31階、地下2階
高さ:150.000m
構造:S造
杭・基礎 :
主用途:物販販売店舗、オフィス 
総戸数:---
敷地面積:34,252.02㎡(施設全体)
建築面積:3,820.90㎡
延床面積:84,125.30㎡(容積対象床面積78,741.74㎡)
建築主:南海電気鉄道
設計者:大林組
施工者:大林組、竹中工務店、南海辰村建設共同企業体
着工:2015年09月01日(予定)
竣工:
2018年09月末日(予定)








002_20150827174526b17.jpg


ニュースリリースに掲載される配置図です。なんばパークスから北に向かって再開発エリアが伸びている様に見えます。完成予想パースを見ると、低層部のデザインがなんばパークスを連想させるアースカラーで描かれており、パークスとの連続性を意識している事が伺えます。















003_2015082717452876e.jpg


◆フロアプラン

(1)オフィス(1330 階) 
13 
階から 30 階に配置するオフィスは、18 フロア(貸室面積合計約 10,500 坪)、 基準階貸室面積約 570 坪、最大 12 分割(40 坪~)可能な高機能オフィスです。 また、建物全体における特級クラスの構造体耐震性能、災害時等の帰宅困難者の 館内滞留にも備えた国内屈指のBCP機能を確保しています。 これらの機能に加え、難波駅直上の優れたアクセス性、利便性を有するオフィス は、企業の本社等拠点事務所から顧客対応型のサービスオフィス展開まで、多様な ニーズに応えることが可能となります。 


(2)メディカルセンター(階・地下 2 階)
階および地下 2 階に、先進・予防医療のためのメディカルセンターを誘致しま す。 関西国際空港との直結に加え、地下鉄線・近鉄線・阪神線と接続し、大阪国際空 港(伊丹)とも 30 分圏内にある交通ポテンシャルを活かし、国内外から利用者の 受け入れが可能な診察・検診施設とします。 また、先進医療を提供する医療施設との中継機能を果たすことで「日常の利便性 と万が一の安心」を提供できるメディカルセンターを目指します。 


(3)コンベンションセンター(階・階)
階、階には、駅直上という利便性や集客効果を活かし、多目的ホールとカンフ ァレンスルーム(会議室)を導入します。 多目的ホールは、500 人規模のセミナーやシンポジウムに対応できるほか、カンファレンスルームとの一体利用によって展示会等の開催も可能となります。 また、隣接するスイスホテル南海大阪や髙島屋大阪店、なんばCITY等の商業 施設とも連携したMICEにも対応してまいります。 


(4)ツーリストサロン(階) 
関西国際空港からの玄関口であり、奈良・神戸・京都方面への乗り換え拠点でも ある難波に求められる機能として、階に、増加するインバウンド旅客をはじめとした国内外からのツーリストの多様なニーズに対応するツーリストサロンを設置し ます。 日本の伝統文化からポップカルチャーまで幅広いエッセンスをワンフロアに集積、「日本文化の発信と再発見」をテーマに、日本のモノ、コトが体験、情報発信でき る拠点づくりを行ってまいります。 


(5)商業・金融サービス(地下 1 階・1階・階) 
地下 1 階から 3 階と 6 階では、難波駅直結のロケーションを活かし、物販、サー ビス、金融等リテール機能を集積します。 当ビルならびに難波駅の日常利用者から、国内外の観光・ビジネス来訪者に至る までの幅広いニーズに応え、難波エリアの利便性を向上してまいります。 


(6)周辺整備事業(都市基盤機能整備) 
当ビル新築工事に合わせて周辺歩行者通路等都市基盤を整備し、難波の交通結節 機能の一層の充実を図ります。 
・地下鉄なんば駅から南海難波駅への通路バリアフリー化 ・南北歩行者通路、広場整備 ・新たな駐輪施設整備























th_IMG_0121_2016061116213441a.jpg



地の様子です。前回の撮影が2016年4月だったので約2ヶ月ぶりの取材です。今回取材してみると鉄骨建方が本格化しており、ついに上に向かって伸び始めていました!











th_IMG_0130_20160611162136725.jpg


南側から見た様子です。



















th_IMG_0132_20160611162138276.jpg


アップで見た様子です。鳶職人の方が平然と鉄骨の上で作業されています。プロは凄いですね。
















th_IMG_0119_201606111621394c2.jpg



最後は北西側から見た様子です。(仮称)新南海会館ビルの建設工事ですが、躯体が上に向かって伸び始めまた事で、これからの取材の楽しみがアップしました。このビルの成長に伴い、難波付近の風景がまた変わって行きそうです。

関連記事
[ 2016/06/11 16:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(3)

スイスホテルもリニューアル

http://namba.keizai.biz/headline/3399/

❝スイスホテル南海大阪、高層階のクラブフロアをリニューアルへ❞
[ 2016/06/18 00:09 ] [ 編集 ]

そういえば・・・

もうひとつ思い出しました。ロングさんはもうご存知でしょうが、このビル建設現場の高架線を挟んで反対側、東にあったなんばシティの解体されたビルは4階建ての立体駐輪場がメインの建物になってましたね。
以前のようなテナントビルと違って、1階にスマホグッズのお店があるくらいであとはリニューアルされたなんばシティへ通じるエスカレーター等が整備されて地下へのアクセスが良くなったと思いました。
[ 2016/06/12 20:32 ] [ 編集 ]

鉄骨が組み上がり始めるまで・・・

中の様子を窺い知るのが難しかったですから、❝やっとここまで辿り着いたか❞と感慨深いものがあります。ずっと長いことタワークレーンだけが目立つ状態でしたので、こうやって形として現れるとうれしいものですよね(^^♪
[ 2016/06/11 16:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3767-6772a40e