金沢駅前にハイアット・セントリックホテルの進出が決定!サービス付き高級賃貸マンションを展開する米国の「オークウッド」も同時に進出、開業は2020年春を予定

001_2016071212230612a.jpg

JR金沢駅金沢港口(西口)の市有地に国際的に知名度が高い高級ホテル誘致を目指す金沢市は、2016年7月8日に、米国の高級ホテルグループ「ハイアット」の新ブランド「ハイアットセントリック」を提案したオリックスを優先交渉権者として決定したと発表しました。また、同時にサービス付き高級賃貸マンションを展開する米国「オークウッド」の進出も明らかになりました。


【過去記事】

【出典元】
金沢市HP>優先交渉権者等の決定定>提案概要書(PDF)


※ アリー my dearさんから情報をいただきました、ありがとうございました!









th_001_20160528010718627.jpg


ハイアット・セントリックホテルとオークウッドが進出する市有地「61街区」は、金沢駅西口広場に隣接する一等地です。先に再整備が完成した金沢駅西広場に隣接し、面積は約7500㎡。1998年に旧国鉄清算事業団から取得した当時は「金沢テレコムタウン構想」に基づく情報通信施設「テレコムセンター」の候補地とされていましたが、景気の低迷で民間活力の導入が難しく、立ち消えとなり、以来15年間、駅西暫定駐車場として利用されていました。


◆金沢市が提示したホテルブランドに関する条件 

1)ホテルブランド 世界の交流拠点都市にふさわしい質と品格を有し、国際的なホテルの運営能力と実績を有するホテル運営会社が運営者となり、国際的な知名度と高い評価を得ているブランドである事。 ホテルブランドについては、専門家の助言を踏まえ、金沢市側にて総合的に判断を行う。

(2)ホテルブランド等の継続期間 ホテル開業後、10 年間は、同一のホテルブランド及び運営主体にて事業を継続することを条件とする。 なお、金沢市と協議の上、市の承認を得た場合は変更することが可能。

(3)ホテルの施設条件 ホテル施設については、以下の条件を有する事。 客室面積 :全室 30 ㎡以上、 レストラン:1施設以上、その他 :会議室、ビジネスセンター、ジム等の付帯設備の設置が望ましい。



◆事業スケジュール

2016年春 ホテル事業者の公募・プロポーザル 

2016年夏 ホテル事業の優先交渉権者の選定、土地売買契約の締結 
2016年夏~2017 年夏 ホテル基本設計・実施設計 
2017年夏 建築確認取得、土地の引渡し 
2017年夏~2019 年秋 建設工事 
2019年度末目途 ホテル開業










005_20160712130838726.jpg


オリックスは暫定駐車場として利用されている市有地「61街区」の約7424㎡の全用地を取得し、S・SRC造、地上15階、地下2階建てのホテル棟と、RC・SRC造、地上17階、地下2階建てのサービスアパートメント(SA)・レジデンス棟を計画、総延べ面積は56,481㎡です。ハイアットセントリックは東京・銀座に次いで国内2番目の進出で東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年春の開業をめざしています。













002_20160712122310e07.jpg


概要書に掲載されている断面図です。本計画では国際級ホテル「ハイアットセントリック」が入居するホテル棟と、サービス付き高級賃貸マンションを展開する米国の「オークウッド」が入居するSA棟(滞在・分譲)の計2棟が建設されます。ホテル棟は地上15階、地下2階建て、客室数は250室。SA・レジデンス棟「オークウッド」は、ホテル形式のサービスアパートメント109室と、高級賃貸マンション112室で構成。また、両棟をつなぐ低層部には商業施設、教会なども入居。低層部屋上を庭園にし、市民交流の場「金沢みらいの丘」を整備が整備されます。地下は300台収容の駐車場となっています。















003_201607121223113d9.jpg



ハイアットセントリック金沢(仮称)のスタンダードルームの客室面積は35㎡、オークウッドは47㎡。合計客室数は約359室となります。ホテルとSAの同時整備により、短期から中長期のインバウンド需要に対応し、ゆとりある客室面積、金沢の文化を表現した内外装となります。112室のレジデンスは金沢で最高級の賃貸マンションになりそうですね。












004_2016071212230551a.jpg


エントランス付近のイメージ図です。1Fは商業施設、2Fにウェディング施設、3F庭園部分は屋上庭園となっています。屋上庭園は緑が連続し、金沢港口から連なる市民の交流の丘を形成。ホテルとスイートレジデンスのロビー、The CORNERからは、金沢みらいの丘に向かって賑わいが演出されます。















th_IMG_1502_20160528010118504.jpg



ついに進出ブランドが明らかになった金沢港口の国際級ホテル勧誘計画。国際的に評価が高く、インバウンド集客力の高い、市内既存ホテルとは一線を画す個性のある2つのブランド、ハイアットセントリックとオークウッドが同時に進出する驚きの展開になりました。キッチン付きの47㎡サービスアパートメント「オークウッド」は相当高額な利用料金になりそうですが、こちらが成功するかどうかも、この計画の見どころになりそうです。ともかく今回進出する国際的な2大ブランドが、金沢のステータスを一層高める事になるのは間違い無さそうです。


関連記事
[ 2016/07/12 13:00 ] 北陸・甲信越 金沢 | TB(0) | CM(4)

高速バスの話題

http://Kanazawa.keizai.biz/headline/2678/

“金沢~大阪間にJRバス新型車両「北陸道グラン昼特急大阪号」 8月投入へ”
[ 2016/07/30 23:14 ] [ 編集 ]

またもや難波にリブランドホテル誕生

http://www.traicy.com/20160726-redroof

❝米ホテルチェーンのレッドルーフ、日本進出 大阪・難波にホテルオープン❞・・・元「フローラルイン難波」をリブランド。
[ 2016/07/28 00:07 ] [ 編集 ]

連続で失礼します

そういえば・・・「ホリデイ・イン」て、以前にも大阪にありましたよね。もっとも随分と昔の話ですけど(^^;
御堂筋沿いにある「クロスホテル」がかつてそうだったのを思い出しました。そのころはたしか「ホリデイイン南海大阪」という名前だったと記憶しています。

ということは、このホテルブランドが場所を変えて復活するということですね。
[ 2016/07/13 23:56 ] [ 編集 ]

大阪でも外資系新ホテル(リブランドによるもの)

http://www.traicy.com/20160708-holidayinnosaka

~IHGANA、「ホリデイ・イン大阪難波」をオープンへ ホテルビスタをリブランド~
この近くでは今年に入ってから、かつての「ホテルメトロthe21」がアコーホテルズの「イビススタイルズ」にリブランドされましたが、これに続くものとなりそうです。
[ 2016/07/13 21:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3801-f94905b3